お嬢さん(韓国映画)

お嬢さん

成人指定映画で異例の大ヒット

イギリスの人気ミステリー作家サラ・ウォーターズの小説「荊の城」を原案に、物語の舞台を日本統治下の韓国に置きかえて描いたサスペンスドラマ。1930年代、日本統治下の韓国。スラム街で詐欺グループに育てられた少女スッキは、藤原伯爵と呼ばれる詐欺師から、ある計画を持ちかけられる。それは、莫大な財産の相続権を持つ令嬢・秀子を誘惑して結婚した後、精神病院に入れて財産を奪い取ろうというものだった。計画に加担することにしたスッキは、人里離れた土地に建つ屋敷で支配的な叔父の上月と暮らす秀子のもとで、珠子という名のメイドとして働きはじめる。しかし、献身的なスッキに秀子が少しずつ心を開くようになり、スッキもまた、だます相手のはずの秀子に心惹かれていき…。

原題:Ah-ga-ssi(The Handmaiden) / 製作:韓国(2016年) / 日本公開日:2017年3月3日 / 上映時間:145分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

【無料動画】

映画『お嬢さん』予告

(C)2016 CJ E&M CORPORATION, MOHO FILM, YONG FILM ALL RIGHTS RESERVED


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

人間の欲望をストレートに描き出した作品はそれだけで見ごたえがありますが、さらに謎めいたストーリーが加わるとさらに面白いです。そんなエキセントリックな作品を満喫するなら、動画配信サービスがオススメです。ネット配信というメリットも活かして、スマホ、パソコン、テレビ、タブレットと、視聴スタイルを選べるのが忙しい現代人に支持されています。プライベートな空間で邪魔されずに観れるので、他人の目を気にしなくてもOKです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたい初心者救済もたいていは実施されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「お嬢さん」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『お嬢さん』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:パク・チャヌク(関連作品:『イノセント・ガーデン』)
脚本:チョン・ソギョン、パク・チャヌク
撮影:チョン・ジョンフン
音楽:チョ・ヨンウク

★【キャスト】
キム・ミニ、キム・テリ、ハ・ジョンウ、チョ・ジヌン、キム・ヘスク

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.1/1095%84
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.03.76/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●ライムスター宇多丸(ラッパー/ラジオパーソナリティ)
画面の隅々にまで徹底された、独特すぎる美意識とフェティシズム…こんなド変態な映画(褒めてます!)、絶対にパク・チャヌクにしか作れません!
●小島秀夫(ゲームデザイナー)
民族、文化、国家、性、欲望、暴力。男たちが征服しようとした壁は、女たちの官能の沼に沈んでいく。それは凸凹の対立ではなく、凹同士の官能的な絡み合いによって溶けてゆく。新たなチャヌク・ワールドの誕生だ。
●真利子哲也(映画監督)
どんなに期待や想像を膨らませても、その遥か斜め上へいく。ユーモアと切実さのアンサンブルを堪能しながら、体感すら覚える絶頂の瞬間。映画ってこんなにも自由で愛らしく、ドキドキさせられるんだと興奮した。
●無料ホームシアター
エロティックかつサスペンスフル。こんなアンバランスな映画は観たことがありません。R18なだけあって、濡れ場描写については遠慮なしでダイレクトなのですが、この作品自体はそういう欲深い男性の抑圧的暴力の視線から脱却する物語となっており、女性による反逆のストーリーといえます。ラストは完全に男不在の女の花園。暴力しかできない男は消えてしまえというストレートなメッセージは快感です。女優たちは体を張っていて凄いです。