ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュ

誰も信じないホラ話をあなたは信じますか?

ダニエル・ウォレスのベストセラー『ビッグフィッシュ-父と息子のものがたり』を原作にしたファンタジー・ドラマ。妊娠している妻ジョセフィーンと暮らすジャーナリストのウィル・ブルーム。彼の父エドワード・ブルームは自らの人生を巧みに語って、聞く人を魅了するのが得意だった。ウィル自身も幼い頃は父の奇想天外な話が好きだったが、年を取るにつれそれが作り話であることに気づき、いつしか父の話を素直に聞けなくなっていた。3年前の自分の結婚式にエドワードが息子ウィルの生まれた日に巨大な魚を釣った話で招待客を楽しませた時、不満が爆発する形でウィルは父に今夜の主役は自分であると訴え、仲違いが生じ、それ以来二人の不和が続いていた。そんなある日、母サンドラから父が病で倒れたと知らせが入る。

原題:Big Fish / 製作:アメリカ(2003年) / 日本公開日:2004年5月15日 / 上映時間:125分 / 製作会社: / 配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント

【無料動画】

ビッグ・フィッシュ - 予告編

(c) 2003 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Gyao(登録必要なし)
▽過去に無料配信されました
Gyao

▼無料動画を見る方法▼

感動と興奮を届けてくれるドラマチックなストーリーはそれだけで必見の大きな魅力があるものです。そんな心を揺さぶられること間違いなしの映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。このサービスは2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、コストを抑えられます。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額の支払いだけでたくさん見られるので映画三昧するなら嬉しいものです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ビッグ・フィッシュ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ビッグ・フィッシュ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ティム・バートン(関連作品:『PLANET OF THE APES 猿の惑星』)
脚本:ジョン・オーガスト
撮影:フィリップ・ルースロ
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト】
ユアン・マクレガー、アルバート・フィニー、ビリー・クラダップ、ジェシカ・ラング、ヘレナ・ボナム・カーター、アリソン・ローマン、ロバート・ギローム、マリオン・コティヤール、マシュー・マッグローリー、ミッシー・パイル、スティーブ・ブシェーミ、ダニー・デビート、ダニエル・ウォレス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.0/1075%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.04.11/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第76回アカデミー賞で作曲賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画FUN  
人がなぜ映画に限らず小説や漫画、音楽に出てくる物語やフィクションを愛するのかという、凄く重要なテーマ性が込められていると感じた一作。寓話を馬鹿にする人もいるけど、それがリアルに侵食して世界を変えてしまうときがある。しかも悪い方向ではなく、良い方向に向いていく。そんなファンタジーというパワーを信じている人が作った映画なのだ。まさにティムバートンらしいメッセージではないか。だから私も映画が好きなのだ。
●VUDU  
涙と鳥肌が止まらないシーンがたくさんあって、映画のマジックにやられてしまったと思う。全部が全部、ホラ話ではなかったというありきたりなオチではなく、嘘にこそ価値があるというような、真実と虚構をあえて区分しないスタイルが凄く気に入っている。「私がどんな死に方をするのか、その物語を聞かせてほしい」そんな風に全ての人にはストーリーがあって本当も嘘も混じっている。大事なのはそれを尊重して耳を傾けることなのかもしれない。