現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

愛とセックスとセレブリティ

性に溺れる毎日がもたらしたもの

ロサンゼルスで自由気ままに暮らすジゴロのニッキは、裕福な女性だけを対象に性的関係を結んでは、その見返りとして贅沢な暮らしを謳歌していた。そんなある日、ニッキはダイナーで出会った女性ヘザーに一目ぼれするが、ジゴロである自分の正体を明かすことができずに悩んでいた。

原題:Spread / 製作:アメリカ(2009年) / 日本公開日:2010年2月20日 / タイム:97分 / プロダクション: / 配給:

愛とセックスとセレブリティ(字幕版)(プレビュー)

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『愛とセックスとセレブリティ』の無料動画は見れる?▼

欲望と共に描かれる人間模様を丁寧に表現した作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなアダルトなヒューマンドラマをお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。これはネット配信であり、レンタル店でDVDを借りるのは面倒くさいという人でも安心。店でウロウロする必要もなく、好きな作品を好きなタイミングで鑑賞できます。スマホ、パソコン、タブレット、テレビと、ユーザーの好みに合わせてぴったり一致できます。

しかも、ユーザーにはハッピーです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。でも、少し注意です。「思い切って登録したけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないように充分に慎重に留意しけなければなりません。「愛とセックスとセレブリティ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『愛とセックスとセレブリティ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『愛とセックスとセレブリティ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:デビッド・マッケンジー
脚本:ジェイソン・ホール
撮影:スティーブン・ポスター
音楽:ジョン・スウィハート

★俳優
アシュトン・カッチャー、アン・ヘッシュ、マルガリータ・レビエバ、セバスチャン・スタン、レイチェル・ブランチャード、マリア・コンチータ・アロンゾ、ソーニャ・ロックウェル、シェーン・ブローリー、エリック・バルフォー、ハート・ボックナー、アシュレイ・ジョンソン

★『愛とセックスとセレブリティ』のREVIEW

IMDb RT Mt
5.9 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 2.8
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『愛とセックスとセレブリティ』の反応

●Mコメンテーター
エンドロールのカエルの意味が分からないと言う方が多いですが、最後にカエルが出て来て気持ち悪いって思った人はまんまと騙されてます。ニッキは初めは王子様側にいてカエル側を馬鹿にしていました。その対比を表すのに最後に大富豪の家にデリバリーを持っていくと、かつての自分のポジションに代わりのイケメンがいます、まさに王子様とカエルですが、ニッキは今やカエル側になっています。そんなべたついた生き物になるしかないのです。
●Cレポーター 
世の中には、ニッキのようなカエル側の人間がたくさんいるけど誰もそんな人は相手にしない、注目されるのは王子様側の人間だけ、だからこそ見向きもされないカエルを嫌と言うほどスクーリーンに乗せたのではないでしょうか? 妖艶なパッケージですが、それは表面的な飾り。金のないイケメンは20代までという残酷な不条理を描くのであれば、これ以上辛いものはない。体しか欲しくないのあれば、これは残酷な人間の弄びでしかない。
●SPACEMOV
この映画はイケメンが金持ち女を騙して、豪遊して、途中本気で好きになった女に告白して、フラれてちょっと成長したねってだけの話にしか見えません。でもさり気ない人物描写が半端じゃない作品です! 今までとは違い真面目に働き、最後はバカにしていたカエルと一緒に住んでる友人の家で、カエルにエサをあげているシーンで終わります。美男美女は夢破れて苦い過去と辛い未来が横たわる。そこにあるのは虚しい空虚な絶望なのか。
●シネマソムリエ
彼は夢破れて去って行く若者が多いロサンゼルスで、苦い経験をして夢破れてもなおロサンゼルスで新しい生き方を模索しながら生きて行く1人の人間の成長を描いた素敵なエンディングなのではないのでしょうか? 軽薄な役のイメージをそこまで積極的に覆そうとせずに遠慮なく繰り返し演じることを厭わないアシュトン・カッチャーは褒めるべきだし、称賛したい。アシュトンカッチャーがひたすらヒモな映画を見たいのであれば、これはそのとおり。