名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)

「名探偵コナン」の劇場版21作目

青山剛昌の人気コミックをアニメ化した「名探偵コナン」の劇場版21作目。「百人一首」を題材に、大阪と京都を舞台とつつ、「西の高校生探偵」こと服部平次と江戸川コナン(工藤新一)が揃った東西の高校生探偵が活躍。ある日、大阪の日売テレビで爆破事件が発生する。局内では日本の百人一首界をけん引する「皐月会」が開催する皐月杯の会見収録が行われており、現場はパニックになる。そこに居合わせ、崩壊するビルの中に取り残された服部平次は、駆けつけたコナンに間一髪で救われる。コナンと平次は持ち前の推理力で、テロのようでありながら、犯行声明もない爆破事件に違和感を抱くが、そんな騒動の中、コナンは平次の婚約者だと言い張る可憐な女性・大岡紅葉と出会う。コナンと平次は別行動でそれぞれ推理を進めるが…。

原題:名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター) / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年4月15日 / 上映時間:112分 / 製作会社:TMS / 配給:東宝 / 製作費: / 興行収入:68.7億円 / 前作:『名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』 / 次作:『名探偵コナン ゼロの執行人

【無料動画】

「名探偵コナン から紅の恋歌」予告

(C)2017 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

ファンから熱狂的に支持されている作品はそれだけの魅力が詰まっている証拠です。そんな愛溢れるシリーズものを一気に見たいと思ったことはありませんか。その希望を叶えてくれるのが動画配信サービスです。これはネット配信であり、サービスによっては一挙配信していることも多いので、要注目。そのタイミングで利用すれば、全作品を総復習するのも簡単です。これであなたも暇な時間はありません。毎日が幸せいっぱいの動画ライフです。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:静野孔文
脚本:大倉崇裕
音楽:大野克夫

★【キャスト(キャラクター)】
高山みなみ(江戸川コナン)、山崎和佳奈(毛利蘭)、小山力也(毛利小五郎)、堀川りょう(服部平次)、宮村優子(遠山和葉)、ゆきのさつき(大岡紅葉)、林原めぐみ(灰原哀)

★【雑学(トリビア)】
・大岡紅葉というキャラクターは、『週刊少年サンデー』2016年28号掲載のFILE.962「悲しき鵺伝説」のラスト2コマで初登場した。
・題材が同じであることから、原作者の青山剛昌が『ちはやふる』の原作者・末次由紀と対談するなど、コラボが行われた。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.79/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
前作とはガラッと雰囲気を変えてきました。コナン映画の良いところは毎回毎回ちゃんと各劇場版のカラーをアレンジしてかぶらないように工夫しているところだと思います。これってなかなか難しい事ですが、コナン映画はそれをしっかり実践しているからこんなに人気がどんどん上がるのですよね。今作はいつもより迫力あるアクションは抑えめですが、恋愛&青春成分が全開。そういうのが好きな人は溜まらないです!
●映画フリー
和な感じが全開でそこも味があって凄く良い。曲も素敵。鮮やかさもある。大阪組が益々好きになりました。もっと題材にしてほしいな。お願いします! きっとそういうのを待っているファンもいると思いますよ。番外編っぽくなるかもですが、本編でしかメインシナリオは進めないし、そうするほかないですしね。これからどんどん脇キャラを掘り下げていくに違いないと思っています。コナンはだいたいサブキャラたちも恋しているからな~。
●CRUNCHYROLL  
今回のコナン映画はロマンスをきっちり抑えてくる上品なつくり。主役の平次と和葉の関係にドキドキです!もうメイン主人公カップルであるはずのコナン&ランはどうした!って感じですが、たまにはこういうのもいいですよね。これを映画でやってくれるというのがまた粋な計らいじゃないでしょうか。本当、製作スタッフの皆さんありがとうございました。これからもこういう脇のカップルにもスポットをあてる作品も定期的に製作していってほしいです。
名探偵コナン

★【劇場版 名探偵コナン を総復習!】

  • 第1作『時計じかけの摩天楼』
  • 第2作『14番目の標的』
  • 第3作『世紀末の魔術師』
  • 第4作『瞳の中の暗殺者』
  • 第5作『天国へのカウントダウン』
  • 第6作『ベイカー街の亡霊』
  • 第7作『迷宮の十字路』
  • 第8作『銀翼の奇術師』
  • 第9作『水平線上の陰謀』
  • 第10作『探偵たちの鎮魂歌』
  • 第11作『紺碧の棺』
  • 第12作『戦慄の楽譜』
  • 第13作『漆黒の追跡者』
  • 第14作『天空の難破船』
  • 第15作『沈黙の15分』
  • 第16作『11人目のストライカー』
  • 第17作『絶海の探偵』
  • 第18作『異次元の狙撃手』
  • 第19作『業火の向日葵』
  • 第20作『純黒の悪夢』
  • 第21作『から紅の恋歌』
  • 第22作『ゼロの執行人』

サイトについて

シェアする

フォローする