ザ・クロス エクソシストの闇

ザ・クロス エクソシストの闇

答えは旧約聖書 詩篇21篇に隠されている

両親の死の謎を追う神父の前に立ちはだかる怪異と驚愕の真実を描いたホラー。ストックホルムの神父ヘンリクは、最近になって死んだ母親が出る悪夢に悩まされていた。ある日、彼は幼い時に別れて以来、一度も会うことの無かった、同じ聖職者でもある父・ガブリエルが不可解な事故死を遂げた事を知る。父の不可解な死の真相を知るべく、自身の故郷である人里離れた村へと赴く。暗い森が支配するこの地で、ヘンリクは両親の死にまつわる驚愕の事態と対峙する事に…。

原題:PSALM 21 / 製作:スウェーデン(2009年) / 日本公開日:2011年8月(DVDスルー) / 上映時間:94分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

Psalm 21 - Trailer 2 (International)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

平凡な日常で飽きている人は刺激を与えてくれるホラー作品はぴったりの素材です。背筋も凍るような恐怖からほどよい怖さまでバラエティに富んだホラー映画を観たいときは、動画配信サービスを上手く利用しましょう。ネット配信と聞くと、どうしても大作ばかりが目立ちがちですが、結構マイナー作品も揃っているため、有名作品は観飽きたという人でも安心して新しい映画を探すことができます。同じジャンルで検索するのも簡単です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ザ・クロス エクソシストの闇」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ザ・クロス エクソシストの闇』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:フレードリク・ヒラー
脚本:フレードリク・ヒラー
撮影:アンドレス・リグネル
音楽:クリスター・クリステンソン

★【キャスト】
ヨナス・マルムシェー、ペール・ラグナー、ヨセフィン・ユングマン、グンヴォール・ポンテン、アニタ・ブルーム、ニクラス・ファルク、ジョーエル・クローナ、ビョルン・ベングソン、ユリア・デュフヴィニウス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
D(珍作・迷作)

★【感想・批評】

●海外コメント 
この映画は実際には心がたくさんあり、思うように思えるよりも多くのことがあります。それは、それがベースで、幾分ホラー映画です。あなたに考える力を与える思いやりのある倍音も存在します。誰がやったのかなんてことはありません。それははるかに大脳です。この映画をキャラクター探検として見て、次の怖がりを待っていらっしゃるのであれば、拷問された精神を扱う男性が見えるようになります。
●映画フリー
クレバーな映画として私は解釈しました。私はそれがいくつかの例で動いているのを発見しました。カメラの使用はうまくいっていて、色を洗って、このフリックに向かって気味悪さを加えました。効果はCGIだったけれど、アジアの映画のように顔を変えるために使われたCGIが私には全く気にしなかった。映像のセンスは独自なので個人の嗜好にダイレクトに攻撃するようなインパクトは弱いかもしれない。
●DAILYMOTION
見る価値のあるスウェーデンの映画がほとんどないので、あまり期待していなかったことを真実に伝えるために私はちょうどこの映画を見ました。しかし、これは実際には非常に悪い方法で私を驚かせました。これはスウェーデンの一般的な映画の主な問題の1つです。この国全体で一人の人でもこのように話す人はいません。すべての対話は非常に強制的で臨床的なものです。結構な感想が心に残ったかというと言葉を濁すが…。
●VUDU
映画が北部の北部で行われるはずの事実は言うまでもなく、私たちの首都で使われている方言では誰もが話します。フレードリク・ヒラー監督の驚愕のスウェーデン・ホラーは観てみなければその実態はつかめない。宗教に対する言及といい、お国柄も良く出ている。エクソシストという邦題は少し語弊があるので、有名な作品に引っ張られないように事前に備えておかないといけない。