400デイズ

400デイズ

400日間の実験に挑んだ宇宙飛行士に待つ運命とは?

地下施設で400日間を過ごすという壮大な実験プロジェクトに参加した4人の宇宙飛行士。200日目、彼らは本部へのメッセージが届かなくなっていることに気づく。やがて、4人は次々と幻覚を見はじめる。373日目、外からハッチを叩く音が聞こえてくる。彼らはプロジェクトを中断して地上へと出るが、大地は荒れ果てており、周囲には誰ひとり見当たらない。さらに空気中に地球に存在しないはずの物質が含まれていたことから、彼らは核戦争やエイリアン襲来によって人類が滅亡したのではないかと疑うが…。

原題:400 Days / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2015年12月5日 / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

『400デイズ』映画オリジナル予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないサスペンスはハラハラドキドキで観客を楽しませる映画は楽しいですが、それがSFとなるとさらに面白さも増します。そんな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。ネット配信というメリットもたくさんあり、とくに視聴スタイルが自由で、スマホ、パソコン、テレビ、タブレットとユーザーの好みに合わせて選択できるので多くの人々に支持されています。利便性はダントツで優れています。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「400デイズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。全ての紹介文を単一のものにして大量に質の低い情報を流すようなことはせず、フリムビ2では質の高い情報を掲載しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『400デイズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:マット・オスターマン
脚本:マット・オスターマン
撮影:ボー・ハカラ
音楽:ショーン・マクマホン、ボイチェフ・ゴルチェフスキ

★【キャスト】
ブランドン・ラウス、ケイティ・ロッツ、ベン・フェルドマン、デイン・クック、グラント・バウラー、サリー・プレスマン、トム・カバナ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
4.4/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
大まかな設定とオチは、R.サーリングのTVドラマ『ミステリー・ゾーン』シリーズのパイロット版として製作され、シリーズの第一話となった『そこには誰もいなかった』を想起させるが、この終わりをどう評価するかで真っ二つに分かれるところ。B級映画で、全体的に安っぽさが否めないが、全く先が読めない展開でドキドキさせるがゆえに、やはり最後は重要になってこざるをえない。憤慨する観客の気持ちもわかるので何とも言えないモヤがあるが…。
●映画FUN  
実はすごく小ネタの多い作品で、製作者がノリノリで盛り込んだことがうかがえる。ただ、意味の不明なものも多いので、私も全ては理解できない。実験に参加する四人のファミリー・ネームは音楽家や著名人を彷彿させるネーミングなのは何か意味があるのだろうか。オープニング間近、タブレットに表示されるQRコードは、フランス版Wikipediaのオジー・オズボーンのページにリンクされている。これもなぜ? そんな頭の体操をさせたかったのか。
●OPENLOAD  
ソリッドシチュエーション…なのかと思ったら、あれ? 本来はそこまでやらない常識をあえて無視したつくりにも思える。「世にも奇妙」的なノリといえばそのとおりなのだが。個人的にはラストの終わり方も好きな部類。これは人の趣味や嗜好にダイレクトに影響して評価が変わるタイプですね。四人の宇宙飛行士らしき方々が火星まで6000万㎞の旅の為に地下施設に400日間引きこもる シミュレーション。別に地下でなくともとかはツッコんではいけない。