アナベル 死霊館の人形

アナベル 死霊館の人形

邪悪な人形の秘密の過去が明らかになる

2013年に全米で大ヒットを記録したホラー映画『死霊館』に登場する実在の人形、アナベルの誕生秘話と恐怖を描いたサスペンススリラー。子どもの誕生を目前に控え、幸せいっぱいの毎日を送っていたジョンとミア夫妻。ジョンは人形好きなミアにプレゼントするため、ウェデイングドレス姿の美しいアンティーク人形を手に入れる。しかしある晩、彼らの家をカルト集団の一味が襲撃し、人形に邪悪な呪いをかけてしまう。それ以来、人形をめぐって次々と不可解な出来事が起きるようになり、夫妻は恐怖のどん底に突き落とされる。

原題:Annabelle / 製作:アメリカ(2014年) / 日本公開日:2015年2月28日 / 上映時間:99分 / 製作会社:New Line Cinema / 配給:ワーナー・ブラザース / 前作:『死霊館』 / 次作:『死霊館 エンフィールド事件

【無料動画】

アナベル 死霊館の人形(字幕版)(予告編)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

日常に刺激が欲しいときは恐怖体験はいかがですか。ホラー映画があなたをあり得ない世界に叩き落とします。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。これは検索性に優れ、同じジャンルの作品をたっぷりまとめて表示し、いろいろと楽しむことができます。どんどん連続して鑑賞していけば、映画三昧な日々をおくれます。さらにスマホでも見れるので、ひとりでこっそり邪魔されずに鑑賞するのも簡単です。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アナベル 死霊館の人形」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『アナベル 死霊館の人形』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ジョン・R・レオネッティ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
撮影:ジェームズ・ニースト
音楽:ジョセフ・ビシャラ

★【キャスト】
アナベル・ウォーリス、ウォード・ホートン、トニー・アメンドーラ、アルフレ・ウッダード、ケリー・オマリー、ブライアン・ホウ、エリック・ラディン、イヴァル・ブロガー、ガブリエル・ベイトマン、シャイロ・ネルソン

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.4/1029%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.02.93/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
死霊館シリーズの三作目。前二作でちょいちょい見切れていたアナベル人形がメインを担当。最恐の呪いアイテムとして俺の本気をみせてやるぜ!と言わんばかりの暴れっぷりです。「お菊人形」を筆頭に数々の恐怖伝説を知っている日本人にとっても、ホラーと人形の相性は抜群。今作から死霊館シリーズに挑戦してみようと思われる方には、丁度良い導入向きな作品になるかもしれません。怖いシーンはしっかり恐怖を提供してくるので楽しめます。
●SPACEMOV  
今まで自分が捨ててきた人形の数は一体いくつあるのだろう。そんなことを考えたらゾッとしました。ただでさえ子どものときは人形を捨てるのは親ですから、どうやって処分したかは全然覚えていない。そんな過去の体験を振り返りたくなるくらいの恐怖はあります。ホラーが苦手な人はかなりコワイタイプの作品です。このシリーズ自体が割とベタに恐怖演出を入れてくるので普通にガクブルです。苦手な人は目を必死に瞑るしかないですね。
●DAILYMOTION 
人形のクオリティがホラー要素として満点。ただ、この人形、貰っても嬉しくないよね。実在の人形はふわふわしていて可愛らしいそうだけど、もうこれは呪います!と宣言しているようなベテランの顔です。ノンフィクションなだけあって映画の中に吸い込まれるようなリアルさと、シリーズ特有のわかりやすいびっくり演出が今作でも健在。前作の死霊館と比べるの物足りないという人もいますが、これはスピンオフみたいなものですから。