ノクターナル・アニマルズ

ノクターナル・アニマルズ

小説「ミステリ原稿」を映画化したサスペンス

世界的ファッションデザイナーのトム・フォードが、2009年の『シングルマン』以来7年ぶりに手がけた映画監督第2作。米作家オースティン・ライトが1993年に発表した小説「ミステリ原稿」を映画化したサスペンスドラマ。アートディーラーとして成功を収めているものの、夫との関係がうまくいかないスーザン。ある日、そんな彼女のもとに、元夫のエドワードから謎めいた小説の原稿が送られてくる。原稿を読んだスーザンは、そこに書かれた不穏な物語に次第に不安を覚えていくが…。

原題:Nocturnal Animals / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年11月3日 / 上映時間:116分 / 製作会社: / 配給:ビターズ・エンド、パルコ

【無料動画】

映画『ノクターナル・アニマルズ』特報

(C)Universal Pictures


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは見ごたえがあります。そんなスリルを楽しむなら、人気も増えている動画配信サービスを活用しましょう。ユーザー数も拡大しているこのサービスは、アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあり、まだまだ利用者は増えていくと思われます。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単なので、一度も使ったことがない人でもすぐに便利さがわかるでしょう。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「ノクターナル・アニマルズ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ノクターナル・アニマルズ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:トム・フォード
脚本:トム・フォード
撮影:シーマス・マッガーベイ
音楽:アベル・コジェニオウスキ

★【キャスト(キャラクター)】
エイミー・アダムス(スーザン・モロー)、ジェイク・ギレンホール(トニー・ヘイスティング、エドワード・シェフィールド)、マイケル・シャノン(ボビー・アンディーズ)、アーロン・テイラー=ジョンソン(レイ・マーカス)、アイラ・フィッシャー(ローラ・ヘイスティングス)、エリー・バンバー(インディア・ヘイスティングス)、アーミー・ハマー(ハットン・モロー)、カール・グルスマン(ルー)、ロバート・アラマヨ(ターク)、ローラ・リニー(アン・サットン)、アンドレア・ライズボロー(アレシア)、マイケル・シーン(カルロス)、インディア・メネズ(サマンサ・モロー)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1072%67
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.7/5.03.62/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
さすがトム・フォード、この独自のセンスは相変わらず鋭利に研ぎ澄まされている。オープニングで表された美しさと気味悪さが全編を通してじっとりと持続する。エドワードの書いた小説の内容がなかなかショッキング。小説の中の妻と娘は、エドワードの過去作品や彼の夢、スーザンとの子どもなのか。このポイントは復讐とも愛とも解釈できる。この万華鏡のようなつかみどころのない七変化が美しくも、人を闇に引き込むパワーもある。
●映画フリー
度肝を抜かれてちょっと笑ってしまった衝撃の幕開け。主人公へ小説「夜の獣たち(ノクターナル・アニマルズ)」が届いて読み始める「今」、読み始めた「小説」、20年前の主人公の「回想」の3つの話が入れ子構造になって、不思議なテイストが舌ではなく、目で味わえる。まるで味覚がおかしくなったみたいに視覚さえも狂う。この作品は小説内の人物を劇中のどの人物にリンクさせるかで物語の解釈が大きく異なります。議論が楽しい映画です。
●OPENLOAD 
あの強烈なオープニングを上回る強烈なラストシーン!再婚した夫と不自由ない裕福な暮らしをおくるスーザン。そんな彼女のもとに20年前に別れた元夫エドワードから一冊の小説が添えられた手紙と共に届くという怪しげな出来事が。今なぜ彼が送ってきたのか? その狙いとは? 考えても考えても答えはでない謎の迷路に彷徨ってしまった! あらゆる意図を推察できてしまう製作の狙いを集約したようなラストシーンはゾワゾワ〜って鳥肌立った。