傷物語III 冷血篇

傷物語III 冷血篇

吸血鬼バトル、ラストに待つのは悲劇か、救いか

西尾維新の人気ライトノベルを長編アニメーション映画化した「傷物語」3部作の第3部。怪異の専門家・忍野メメの助言を得た阿良々木暦は、奮闘の末に3人の強敵との戦いに勝ち、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレードの四肢を取り戻すことに成功する。しかし、再びキスショットのもとを訪れた暦は、吸血鬼という存在の恐るべき本質を目の当たりにする。

原題:傷物語III 冷血篇 / 製作:日本(2017年) / 日本公開日:2017年1月6日 / 上映時間:83分 / 製作会社: / 配給:東宝映像事業部 / 前作:『傷物語II 熱血篇

【無料動画】

傷物語〈Ⅲ冷血篇〉本予告(2017/1/6全国ロードショー)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

長年ファンに愛されている作品はそれだけキャラクターや世界観に魅力が詰まっている証拠。そんな根強いファンに支えられている作品を、今から追いかけたいという人にも大きな助けになるのが動画配信サービスです。ネット配信ですが、レンタル店でDVDを借りる場合よりも簡単に作品の配信を確認できるので、まずはこちらでチェックするのもいいです。スマホでも鑑賞できるので、パソコンやテレビを持っていない人でも安心です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「傷物語III 冷血篇」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『傷物語III 冷血篇』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
総監督:新房昭之
監督:尾石達也
キャラクターデザイン:渡辺明夫、守岡英行
音楽:神前暁

★【キャスト】
神谷浩史、坂本真綾、堀江由衣、櫻井孝宏

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.70/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
物語シリーズのファンなら見て正解な作品。いつものノリがそのまま展開され、かつパワーアップ。リピートして見たくなる魅力があります。三部作の中で一番面白かったような。阿良々木が阿良々木たるキャラクター性を確立する基盤となる物語ですから、正直、もっと早くアニメ化されるべきでした。でも、こうして映像化されたのだから良しとしましょう。バトルが最高にテンションあがる。再生を使いながらの戦闘描写が凄いフレッシュ!
●映画FUN 
四肢を引きちぎりながら戦ったり、首がもげても走ってく姿とか、もはやゾンビ映画の新境地を開拓しているレベルです。それにしても、アララギくんは羽川にここまでしてもらってここまでのことを成したのに、横からきた女にあっさりとられるから、そりゃ後々羽川がブラック羽川になるのもうなずける。結論、アララギ、君が悪い。あらすじは説明してくれないので、前作までの予備知識は不可欠です。全作を連続して観賞すると爽快です。
●BILIBILI
3部作最後ということで、起:鉄血編、承:熱血編、転結:冷血編という感じになっており、かなり怒涛の展開が待っています。物語シリーズはいつも終盤に要素が詰まっているのですけど。キスショットの8〜27歳バージョンの声色の変化や、単純な演技力一つとっても圧巻の一言。相当に難しい役柄をいとも普通にこなしているから、逆に褒められないという、損な役回り。でも、ここでは素晴らしいと断言しておきたい。
●CRUNCHYROLL 
やっぱり素敵なバットエンドだった。落語的なオチがつくのがシリーズ恒例だが、今作のオチは一番よくできている。その原作の良さに役者の演技がプラスされるから、文句なし。坂本真綾は凄いな。他の声優陣ももちろん一流なんだけど、この作品においてこの人はいつも際立ってる。