現在、リニューアル準備中のため、更新頻度が低下し、コンテンツが少し欠落しています。2019年7月にサイトリニューアル予定です。

太陽を掴め(2016)

音楽と友情と青春

多摩美術大学の卒業制作として手がけた「雲の屑」が東京学生映画祭でグランプリと観客賞をダブル受賞した新鋭・中村祐太郎監督が、音楽を題材に描いた青春群像劇。元子役で現在はミュージシャンとして人気を集めつつあるヤット、彼の写真を撮るフォトグラファーのタクマ、タクマの元恋人ユミカ。高校時代からの同級生である3人は、それぞれ複雑な思いを抱えながら日々を過ごしていたが…。

原題:太陽を掴め / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年12月24日 / タイム:89分 / プロダクション: / 配給:

『太陽を掴め』予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【aupass】
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『太陽を掴め』の無料動画は見れる?▼

社会の雑踏で生きる人間たちの葛藤や苦悩をストレートに描き出した作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを活用しましょう。ネット配信なので、ウェブサイトにアクセスするだけでOK。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴でき、店で探す手間はありません。今はこれがスタンダードになり、DVDというのもどんどん時代から遠ざかっているツールになってきました。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全部同一ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「太陽を掴め」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『太陽を掴め』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『太陽を掴め』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:中村祐太郎
脚本:中村祐太郎、木村暉
撮影:鈴木一博
音楽:池永正二

★俳優
吉村界人、浅香航大、岸井ゆきの、三浦萌、森優作、内田淳子

★『太陽を掴め』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.1
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『太陽を掴め』の反応

●Mコメンテーター 
中身はそこまで期待してなかったが、意外に面白く観れた! ちょっぴり大人になった男女の間違った青春ストーリー。自分の行動と気持ちには責任を持って過ごさなきゃね!と考えさせられる。主人公役が良かった。現代ではちょっと見かけない不器用な昭和のロックスターみたいなキャラなのだが、彼の生活感や回りとの距離感が丁寧に描かれているので、不思議と違和感を感じる事はなく、彼の言動や葛藤がストレートに響く映画だった。
●映画の無料動画で夢心地 
まず音楽映画ではない。脚本家の人も言っていたが音楽のことは掘り下げていないので音楽映画だと期待して観た人はガッカリすると思う。吉村界人の演技は一見当たり散らしているようで本質はとても繊細な点がヤットと似ている気がする。監督が吉村界人ありきで作ったというだけあって彼の放つ主役感に圧倒された。ヒロインが真性ビッチというのも新鮮だし腹が立つくらい納得。サイコーなことだけを続けてれば映画って出来るんだ!という発見の連続。
●Bジャーナリスト  
もちろん普通の商業映画に比べたら、カメラのブレ、ピントの甘さ、台詞の噛みなんて尋常じゃないくらい多いんだけど、そういうのが無いとここはダメだ!っていうシーンが必ずある! そう、ここは何がなんでもブレなきゃ駄目なんだ! それくらいの思い切りがあってもいいし、こういう独立系の作品なら攻めてもいい。太陽を掴むなんて無理だけどそれを馬鹿正直にやってしまうのがこの映画そのもの。笑われてもいいのでたっぷり濃いものを注ごう。
●シネマソムリエ
青春の象徴ともいえる、ドラッグ、セックス、非行の数々。金に翻弄され、自分の気持ちや未来に光が見えなくなっている愚直なダメさいっぱいな若者の姿を正直に描く。吉村界人の目が好きだし、岸井ゆきのの雰囲気が好きだし、浅香航大の男らしさが好きという、ぶちまけた俳優の熱演に惹かれた。バンドマンやらカメラマンやらが、マリファナ吸ったり、喧嘩したり、三角関係なったり、そういうグタグタさも含めて愛してあげようか。