RWBY Volume3

RWBY Volume3

シリーズ第3章。絶望へと落ちていく…

日本のアニメを愛好するスタッフたちが立ち上げたアメリカのアニメーションスタジオ「Rooster Teeth Productions」による、オリジナルの3DCGアニメ「RWBY(ルビー)」のサードシーズン。科学技術と魔法が共存する世界「レムナント」を舞台に、「グリム」と呼ばれるモンスターを討伐するハンターの育成学校に通う少女ルビーらの活躍を描く。2年に一度開催される「ヴァイタル・フェスティバル」でにぎわう首都ヴェイルに、レムナント史上最悪と言われる事件の影が忍び寄り、ルビーはヴェイルの街と仲間たちを救うため立ち上がる。

原題:RWBY: Volume3 / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2016年12月3日 / 上映時間:180分 / 製作会社:Rooster Teeth Productions / 前作:『RWBY Volume2

【無料動画】

RWBY VOLUME3<日本語吹替版> 予告編

▼動画リンク▼

英語版動画(日本語字幕)公式Youtube
・第1話 Chapter 1: 【Round One
・第2話 Chapter 2: 【New Challengers...
・第3話 Chapter 3: 【It's Brawl in the Family
・第4話 Chapter 4: 【Lessons Learned
・第5話 Chapter 5: 【Never Miss a Beat
・第6話 Chapter 6: 【Fall
・第7話 Chapter 7: 【Beginning of the End
・第8話 Chapter 8: 【Destiny
・第9話 Chapter 9: 【PvP
・第10話 Chapter 10: 【Battle of Beacon
・第11話 Chapter 11: 【Heroes and Monsters
・第12話 Chapter 12: 【End of the Beginning


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ケリー・ショウクロス
脚本:マイルズ・ルナ、モンティ・オウム、ケリー・ショウクロス
音楽:ジェフ・ウィリアムズ

★【キャスト(キャラクター)】
早見沙織(ルビー・ローズ)、日笠陽子(ワイス・シュニー)、嶋村侑(ブレイク・ベラドンナ)、小清水亜美(ヤン・シャオロン)、下野紘(ジョーン・アーク)、伊藤静(ピュラ・ニコス)、洲崎綾(ノーラ・ヴァルキリー)、斉藤壮馬(ライ・レン)、前野智昭(サン・ウーコン)、中島ヨシキ(ネプチューン・ヴァシリアス)、潘めぐみ(ペニー・ポレンディーナ)、川澄綾子(ウィンター・シュニー)、甲斐田裕子(シンダー・フォール)、三木眞一郎(ローマン・トーチウィック)、井上麻里奈(エメラルド・サストライ)、緑川光(マーキュリー・ブラック)、中村悠一(アダム・トーラス)、井上和彦(オズピン)、浅野真澄(グリンダ・グッドウィッチ)、てらそままさき(ジェームズ・アイアンウッド)、平田広明(クロウ・ブランウェン)、堀内賢雄(タイヤン・シャオロン)、井上喜久子(セイラム)

★【感想・批評】

●映画フリー 
1期2期から、アクションの量は3倍、クオリティも倍増という驚異の進化。さらに、後半の絶望感とさらに予想を上回る衝撃的な内容。ピュラが…、ヤンが…、ルビィが…、とここまで積み上げてきた魅力的なキャラが、敵のボス言うとおりに、ボロボロにされることのショックが凄い。起承転結でいう、見事な転の作品。次が気になり過ぎる!それにしてもどんどんキャラクターの数がインフレしているけど、大丈夫なのかな?
●BILIBILI  
日本風アニメと西洋風ファンタジーとアメリカンスクールドラマ、それに少し香港風アクションも加わったキメラ3Dアニメもvol.3まで来たが、今作から制作陣の中心的人物だったモンティ・オウムが急逝により不在となったと聞き、少しの不安を抱えながら観た。結論から言うと、別物になってしまうのではという少しの不安は少しだけ当たった気もするが、まあ少しだけだと思う。キャラも増えて戦いにバリエーションが出たのは良い部分。
●DAILYMOTION  
何となく戦闘の演出や話の展開が大味になった気もするけど、ストーリーが破綻しているわけではないし、スタイリッシュな戦闘も可愛く造形されたキャラクターも健在なので、RWBYのRWBYたる部分は失われていない。今後のさらなる進化を願うばかり。そして前半の和気あいあいとした世界からの後半の暗さ。ずっと見てきたファンとしてはかなり辛いものがあるもの事実。今後どうなっていくのかハラハラするばかりの風雲急を告げる3章です。