バンコクナイツ

バンコクナイツ

バンコクの歓楽街、ここが私の生きる場所なの?

映像制作集団「空族」の富田克也が監督・脚本を手がけ、バンコクの歓楽街で働くタイ人娼婦と日本人の男たちが織り成す、失われた楽園を取り戻すための旅を描いたロードムービー。バンコクにある日本人専門の歓楽街タニヤ通り。タイの東北地方イサーンから出稼ぎに来て5年になるラックは、現在は人気店「人魚」のトップにのぼりつめ、ヒモの日本人男性ピンを連れ回し贅沢な生活を送る一方で、故郷の家族に仕送りをしていた。ある晩、ラックはかつての恋人である元自衛隊員オザワと5年ぶりに再会する。ラックとオザワはそれぞれの思いを胸に秘めながらバンコクを離れ、ラオスとの国境にあるラックの故郷へ向かうが…。

原題:バンコクナイツ / 製作:日本・フランス・タイ・ラオス(2016年) / 日本公開日:2017年2月25日 / 上映時間:182分 / 製作会社: / 配給:空族

【無料動画】

『バンコクナイツ』特報第3弾

(C)Bangkok Nites Partners 2016


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の雑踏で生きている人々の懸命な人生を克明に描いた作品は苦悩や葛藤が詰まっているものは見ごたえがあります。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを活用して上手く視聴しましょう。確実に見れるかどうかは別にして、似たようなテーマを題材にした作品を探して見ておけば、作品の理解も一層深まります。ウェブサイトにアクセスするだけでOKなので、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴できます。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「バンコクナイツ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『バンコクナイツ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:富田克也(関連作品:『サウダーヂ』)
脚本:相澤虎之助、富田克也
撮影:向山正洋、古屋卓麿

★【キャスト】
スベンジャ・ポンコン、スナン・プーウィセット、チュティパー・ポンピアン、タンヤラット・コンプー、サリンヤー・ヨンサワット、伊藤仁、川瀬陽太

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
劇中のあらゆるシーンに胸が打たれる。まさに圧巻、こんな映画は見たことがない! 評価の高い「サウダーヂ」に始まり、いろいろと注目度の高い監督及び製作集団だがかなり露出の少ない作品なのでアクセスする手段が乏しい。本音を言えばもっといろんな媒体で観られるようになってほしい。そうすれば様々な人に宣伝してオススメできるのに。本当に魅力的な作品なのでぜひ観られるチャンスがあったら忘れずにチェックすべきだし必見なのは断言する。
●BILIBILI  
近年の数あるインディーズ邦画作品の中でも、頭ひとつどころか圧倒的にとびぬけている優れた映画ではないか。見て損はない。家族のために都会で身を売りながらも、めげず明るいタイ女性への讃歌。こういう社会の下で生きる人に光を当てる天才だと思う。特に日本は海外の労働者に厳しい。タイやラオスの文化や貧しさや社会問題をひっくるめて彼女と向き合っていく姿に心惹かれずにはいられない。これが確かに存在する人生の光景なのだ。
●DAILYMOTION  
動画配信サービスで観られるようにならないかな。せめてレンタルは無理でもね…。バンコクのギラついた都会の風景との対比。この独自の視点が本当に綺麗で鋭利でぎらついている。人間の嫌な部分をドキュメンタリーチックに映しながらも、幻想的でどこか現実離れした異国の世界を映像に上手く収めている。欲深い異国人が交差し浮遊する世界で、イン、オザワが選んだ道は幸せな人生に通じていると信じたいというのが率直な思いとして心に残る。