SING シング

観客を感動に巻き込む! 人生を変えるために歌え!

『ミニオンズ』『ペット』などのヒット作を手がけるイルミネーション・スタジオによる長編アニメーション。人間世界とよく似た、動物だけが暮らす世界。ゴリラのバスターが劇場支配人を務める劇場は、かつての栄光は過去のものとなり、取り壊し寸前の状況にあった。バスターは劇場の再起を賭け、世界最高の歌のオーディションの開催を企画する。極度のアガリ症のゾウ、ギャングの世界から足を洗い歌手を夢見るゴリラ、我が道を貫くパンクロックなハリネズミなど、個性的な動物たちが人生を変えるチャンスをつかむため、5つの候補枠をめぐってオーディションに参加する。

原題:Sing / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年3月17日 / タイム:108分 / プロダクション:Illumination Entertainment / 配給:東宝東和 / 製作費:7500万ドル / 興行収入:6億3200万ドル

映画『SING/シング』予告編

(C)Universal Studios.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。
▼dTV(31日間無料)
NTTドコモが運営する安心のサービス。月額500円という安さもお得。映画のスピンオフドラマなど「dTV」だけでしか見れないものもあります。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『SING シング』の無料動画は見れる?▼

キャラクターたちのさまざまな葛藤や苦悩をドラマチックに描きだしたアニメーションはそれだけでエキサイティングな興奮に満たされる魅力があります。そんなパワーを感じる映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを有効的に使いましょう。字幕や吹き替えを選択できるものもあるので、どちらの好みでも対応可能。画質もDVDと遜色なく、ハイクオリティな映像をテレビでもスマホでも自由に楽しめるので、とてもエンジョイできます。

しかも、希望のコースがここに。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトは明確な危険があります。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

ショッキングな作品からエキサイティングな作品までVODは感情を揺さぶります。人生に飽き飽きしているならこれで刺激をどうぞ。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「SING シング」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『SING シング』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『SING シング』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ガース・ジェニングス(関連作品:『リトル・ランボーズ』)
脚本:ガース・ジェニングス

★俳優(キャラクター)
マシュー・マコノヒー/内村光良(バスター・ムーン)、リース・ウィザースプーン/坂本真綾(ロジータ)、セス・マクファーレン/山寺宏一(マイク)、スカーレット・ヨハンソン/長澤まさみ(アッシュ)、ジョン・C・ライリー/宮野真守(エディ)、タロン・エガートン/大橋卓弥(ジョニー)、トリー・ケリー/MISIA(ミーナ)、ニック・クロール/斎藤司(グンター)、ガース・ジェニングス/田中真弓(ミス・クローリー)

★『SING シング』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.1 70% 59
映画.com Yahoo! Fm
3.8 3.99 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『SING シング』の反応
宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン(公式クラウド)
 ↑鋭い批評が炸裂。

●無料ホームシアター
字幕でも吹き替えでも楽しいので心配なし! 熱いメッセージがビシビシ伝わってくる勢いの良さが魅力です。ストーリーに深みを持たせる素晴らしい選曲。コミカルで笑えるシーンなのにどこか哀しくもある多重構成になっている感情的なシーンもあり老若男女問わず楽しめる一本に仕上がっている。セリフにもあった「どん底への転落」と「そこからの上昇」を気持ちよく描き切った快感が爆発する、エモーションで押し切った一作でした。
●Mコメンテーター  
ラストの熱唱のオンパレードは必見必聴。子供向けアニメとナメてる人は一度観てから判断しないと損なのは間違いない。各キャラの登場シーンですぐにどういうキャラクターか印象付くようになっており、各キャラクターが抱える問題もバランス良く掘り下げて描いていて好感。そしてラストステージの盛り上がり感! これぞエンターテインメントという大団円に拍手せざるを得ない。また、満月と三日月の表現などさりげない小ネタも知ると感動が倍増。