エゴン・シーレ 死と乙女

エゴン・シーレ 死と乙女

28歳で病死した画家エゴン・シーレはどう生きたのか

20世紀初頭に活躍し、28歳の若さで早逝した異端の天才画家エゴン・シーレの半生を描いた伝記ドラマ。数多くのモデルと関係を持っていたシーレにとって、特に大きな存在となった2人の女性との濃密な日々が描かれる。1910年、美術アカデミーを退学したシーレは画家仲間と「新芸術集団」を結成し、妹ゲルティの裸体画で頭角を現す。ゲルティも16歳でヌードモデルを務め、敬愛する兄を献身的に支え続けた。グスタフ・クリムトから17歳のモデル、ヴァリを紹介されたシーレは、彼女と同棲を開始。幼児性愛者などと世間から誹謗中傷を浴びながらも、シーレはヴァリをモデルに数々の作品を発表。シーレが時代の寵児ともてはやされる中、第1次世界大戦が勃発。シーレとヴァリは時代の波に翻弄されることとなる。

原題:Egon Schiele: Tod und Madchen / 製作:オーストリア・ルクセンブルク(2016年) / 日本公開日:2017年1月28日 / 上映時間:109分 / 製作会社: / 配給:アルバトロス・フィルム

【無料動画】

エゴン・シーレ 死と乙女 - 映画予告編(15歳未満は見ちゃダメ)

(C)Novotny & Novotny Filmproduktion GmbH


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

ある人物の知られざる姿が克明に描かれる作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな生き様を見せてくれるヒューマンドラマを可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを利用するのがひとつの手です。外出先で見たいならスマホで、ながら作業をしながら見たいのならパソコンで、好きな場所に持ち運ぶならタブレットで、大画面でじっくり見たいならテレビで、好きな視聴スタイルでを選択できるのでとても便利です。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「エゴン・シーレ 死と乙女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『エゴン・シーレ 死と乙女』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ディーター・ベルナー
脚本:ヒルデ・ベルガー、ディーター・ベルナー
撮影:カーステン・ティーレ
音楽:アンドレ・ジェジュク

★【キャスト(キャラクター)】
ノア・サーベトラ(エゴン・シーレ)、マレシ・リーグナー(ゲルティ・シーレ)、ファレリエ・ペヒナー(ヴァリ・ノイツェル)、ラリッサ・アイミー・ブレイドバッハ(モア・マンドゥ)、マリー・ユンク(エディット・ハルムス)、エリーザベト・ウムラウフト(アデーレ・ハルムス)、トーマス・シューベルト(アントン・ペシュカ)、ダニエル・シュトレーサー(ドム・オーゼン)、コーネリウス・オボンバ(グスタフ・クリム)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.5/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー  
予備知識無しで見てわかるかというと微妙なところもあるけど、アートに対する理解はなくてもその半生に思うところはある。画家特有なのだろうか。めんどくさいこの性格。次々と女性モデルを乗り換えていくエゴン・シーレ。妹ゲルティから、モア、ヴァリ、結婚相手となるエディット…美しく妖艶で退廃的な女性たちは、いつもアーティストの人生を狂わしていく。絶対に芸術がどうとかいうけど、個人的な趣味嗜好も入っていると思うのだけど…。
●STREAMANGO 
アルバトロスだって真面目な作品を配給するのです。画家としてのプライドや、絵に対するこだわりが強かったけど、それは彼の生き方とは対照的なのか、はたまた人生の投影なのかな。独裁者になったヒトラーは、同時期に成功したシーレに恨みを抱き印象派の作品をすべて没収したとか。そう考えると凄い人生というか、時代の中に生きていたんだな。ところで日本の春画が出てきたけど、影響されたのかな。意外なところで観た日本要素でした。