マンチェスター・バイ・ザ・シー

マンチェスター・バイ・ザ・シー

ケイシー・アフレックがアカデミー賞で主演男優賞を受賞

マット・デイモンがプロデューサー、ケイシー・アフレックが主演を務め、数々の映画賞を席巻した人間ドラマ。リー・チャンドラーは短気な性格で血の気が多く、一匹狼であった。彼はボストンの住宅街で便利屋として生計を立てていた。ある冬の日、リーは兄のジョーが心臓発作で亡くなったとの電話を受けた。そして実家に帰ったリーは、自分が16歳になるジョーの息子の後見人に選出されたことをそこで知る。兄を失った悲しみや自分に甥が養育できるだろうかという不安に向き合うリーだったが、彼はそれ以上に重い問題を抱えていた。

原題:Manchester by the Sea / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2017年5月13日 / 上映時間:135分 / 製作会社:K Period Media / 配給:ビターズ・エンド、パルコ / 製作費:850万ドル / 興行収入:3490万ドル

【無料動画】

Manchester by the Sea Official Trailer 1 (2016) - Casey Affleck Movie

(C)2016 K Films Manchester LLC. All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV

▼無料動画を見る方法▼

人間の心の機微を繊細に描いたヒューマンドラマはそれだけで心を揺さぶられるインパクトがあります。そんな温かい作品を見たいときは、動画配信サービスを用いることでお得に見れます。このサービスは2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、見たい作品が少ないのであればこれがベター。もうひとつは対象作品が見放題になるもので、月額や年額の支払いで済むので、非常に多くの作品を見たいならこちらが便利。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。劇場シアターでも映画をお得に見たいときは、映画館料金が安くなったり、タダになるようなサービスを優先して選ぶといいです。

『マンチェスター・バイ・ザ・シー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ケネス・ロナーガン(関連作品:『マーガレット』)
脚本:ケネス・ロナーガン
撮影:ジョディ・リー・ライプス
音楽:レスリー・バーバー

★【キャスト】
ケイシー・アフレック、ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワード、ベン・オブライエン、クインシー・タイラー・バーンスティーン、ミッシー・ヤガー、スティーヴン・ヘンダーソン、メアリー・マレン、ルイス・D・ウィーラー、C・J・ウィルソン、スーザン・プルファー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.8/1095%96
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.9/5.03.82/5.003.9/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第89回アカデミー賞で主演男優賞、脚本賞を受賞。

★【感想・批評】
町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●映画FUN  
ベン・アフレックの弟ケイシー・アフレックが好演する主人公の姿は本人にそっくり。どこかで影を抱えて虚しそうにしている暗い後ろ姿。でも完全な悪い奴ではないと思える雰囲気。ドラマチックに仕上げようと思えばどこまでも動的な演出をつけることができるのに、これは静的な動きのないドラマをあえて進む。邦画ではないような、抑えたストーリーテリング。こういう映画を作れるアメリカの一面性を垣間見て、羨ましいなと思ったのは本音だ。
●FANDANGONOW  
人生という名の坂道において、自分の失敗で下りへ転げ落ちていく大切なもの。それは不意に訪れる。もうどうすることもできない人生の転落。でもその中で生きる意味を見出せなくても、とりあえず前に進むことはできるのではないか。舟でこぎだす人生の再スタート。それが沈黙とともに描かれていた。号泣ではないが、鼻の奥がツーンとしてずっと痛かったという鑑賞後の気持ち。この思いはしばらく心で整理しておきたい。時間をかけてじっくりと。