人類資金(2013)

人類資金

戦後史最大のタブーといわれる「M資金」の秘密

阪本順治監督、佐藤浩市主演で、敗戦直前に旧日本軍が隠匿したとされる財宝、通称「M資金」をめぐって繰り広げられる陰謀を描いたサスペンス大作。金融ブローカーを名乗って詐欺を繰り返す真舟雄一の前に、石優樹と名乗る男が現れ、M資金を管理しているという財団「日本国際文化振興会」が真舟を呼んでいると伝える。M資金の存在を信じていなかった真舟は、半信半疑のまま財団のビルを訪ねるが、そこで防衛省の秘密組織の人間に襲撃を受ける。石の助けでその場を逃げ延び、次に会った本庄一義という男から「10兆円のM資金を報酬50億円で盗み出してほしい」と依頼された真舟は、M資金に隠された秘密をめぐる争いに引き込まれていく。

原題:人類資金 / 製作:日本(2013年) / 日本公開日:2013年10月19日 / 上映時間:140分 / 製作会社: / 配給:松竹

【無料動画】

人類資金 予告編

(C)2013「人類資金」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

豪華キャストで彩られたドラマチックな人間模様を描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな贅沢な映像を楽しめる映画をお得に見たいときは、動画配信サービスが役に立つかもしれません。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、このサービスならすぐに確認できて、配信されていればその場で視聴可能。動画サイトとは違って、しっかりした再生環境が整っているので、安心です。まずはこちらでチェックするクセをつけましょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「人類資金」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『人類資金』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:阪本順治
脚本:阪本順治、福井晴敏
撮影:笠松則通
音楽:安川午朗

★【キャスト】
佐藤浩市、香取慎吾、森山未來、観月ありさ、岸部一徳、オダギリジョー、寺島進、三浦誠己、石橋蓮司、豊川悦司、ユ・ジテ、ビンセント・ギャロ、仲代達矢

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
「M資金っていう徳川埋蔵金みたいなモノの謎を追う話」って勝手に期待して観たら、全く違う内容だった事に一番の衝撃を受けた。どういう層を狙って作った映画なのかな。エンターテイメントとしてではなく、社会派ドキュメンタリーとして制作するジャンルかと思うけど、それにしたって外している。舞台設定と映画の空気感とでスケールに差がありすぎて、常にボタンを掛け違えているような違和感がずっと体に残る、なんとも気まずい映画でした。
●OPENLOAD  
M資金と呼ばれる国家レベルの秘密資金を巡り詐欺師やスパイが世界を飛び回り暗躍する…と解説すればカッコいい話なのですが、実際はなんでしょうか、邦画のわざとらしさが全面に出ちゃったのが最大の失敗。題材は素晴らしく良いものなのに、惜しいですね。話が大きすぎて全くリアリティが沸かないし、いまいちピンとこないというコメントも納得です。でも、雰囲気だけを味わう程度の小作くらい思っておけばショックは少ないかもしれないです。
●SPACEMOV  
壮大な原作は一歩間違えれば巨大なゴミ箱になることを証明するような一作。この映画にどれだけのお金がつぎ込まれたのかはわからないけれども、その予算の方がよっぽど気になる資金ですよ。福井晴敏の作品は実は映像化は難しいと思うのです。だから、やるからには本気でいかないと。香取君と観月ありさの起用理由もさることながら、まさかのビンセント・ギャロにびっくりです。これだから資金の無駄遣いなんですよ。お金について考えるなあ…。