イヴの時間 劇場版

イヴの時間 劇場版

アンドロイドの気持ちがわかる?

2008年にインターネット上で公開されて人気を博したアニメーションの、ファースト・シーズン全6話分を再編集した劇場版。人々が日常的にアンドロイド(人間型ロボット)を家電として使う時代。高校生のリクオも、幼い頃からの教育でアンドロイドを機械として扱っていたが、人間とロボットを区別しない喫茶店「イヴの時間」を訪れたことで、ロボットに対する考え方が変わっていく。

原題:イヴの時間 劇場版 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年3月6日 / 上映時間:106分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

イヴの時間 劇場版

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

不思議な設定で観客を魅了する作品はそれだけで見ごたえがあります。そんな独創的でファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスがオススメです。これはネット配信ですが、アニメコンテンツも充実しています。人気作はもちろんマイナー作品も揃っており、なかなか飽きることはないラインナップ。スマホでも視聴できるので、通勤通学途中のちょっとした時間に見てみることで時間つぶしができて楽しいです。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「イヴの時間 劇場版」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『イヴの時間 劇場版』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:吉浦康裕
脚本:吉浦康裕
音楽:岡田徹

★【キャスト】
福山潤、野島健児、田中理恵、佐藤利奈、ゆかな、中尾みち雄、伊藤美紀、沢城みゆき、清川元夢、杉田智和

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
「アンドロイド(完全ロボット)は感情を持つのか」ベタな題材なれど、非常に見せてくれます。萌えも無いし、美女ロボットも戦闘も無し。イヴの時間と言う「人間・ロボットどちらも歓迎」の喫茶店で流れる暖かい話。哀しい程に「ヒトの為」に尽くすアンドロイド。それを知らず、アンドロイドを物扱いする画面に哀しみを覚え、逆にお互いに思っているのに種族の壁を乗り越えられない画面にも哀しみを。哀しいけれども、愛と慈しみに溢れた映画です。
●映画の無料動画で夢心地
使い古されたテーマなんであんまり期待せずに見たのですが、文句なしの傑作アニメでした。ただし、この映画は何か一つの目的に向かって進行していく話ではなく『イヴの時間』というカフェの中で、主人公のリクオが様々なアンドロイドや人間と関わっていく話です。つまり、なにかしら主人公が目的を持って行動していなければ駄目という方にはお勧めしません。派手なアクションがあるわけでも、手に汗握ってハラハラさせられるわけでもありません。
●BILIBILI
無機質ながら淡白な作品かもしれない。しかし、他にはなかなか見られないカメラワーク、ストーリーによく沿った緩急のきいた音楽、折り重ねられ交互に現れてくるシリアスとコミカルな色が、喫茶店を色んな人物を結び付ける舞台として、照らし出しています。「イヴの時間 another act」(小説)を読んだ後に、久しぶりに「劇場版」を鑑賞し、やはり感動してしまいました。アンドロイドと人間の関係だけでなく、今の世界にも当てはまる、未来的な一作。
●CRUNCHYROLL
この映画は短編アニメーション「イヴの時間」を繋ぎ合わせてひとつになるように作成された作品なので、音楽や演出に少し違和感を感じることがあるので映画単体では難がある。人間と人間そっくりの家庭用ロボットの区別をしない喫茶店「イヴの時間」を訪れるお客さんの物語という雰囲気が私は好きで、何度でも観てしまうのですが、不思議なコミュニケーションがまったりしている。アニメ2クールくらいかけてみるならいいのですか、希望ですけど。