ザカリーに捧ぐ

ザカリーに捧ぐ

この事実に耐えられますか?

2001年に殺害されたアンドリュー・バッグビィの子供の頃からの友人である監督による作品。アンドリュー・バッグビィは、ペンシルヴァニアの駐車場で殺害される。その第一容疑者であった彼の元ガールフレントは、アンドリューの子供を妊娠・出産し、ザカリーと名づける…。

原題:Dear Zachary: A Letter to a Son About His Father / 製作:アメリカ(2008年) / 日本未公開:(アメリカ公開日:2008年10月31日) / 上映時間:95分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

Dear Zachary: A Letter to a Son About His Father Official Trailer #1 Documentary (2008) HD

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の裏側で起きている事件や真相に迫っていくドキュメンタリーはそれだけで思わず釘付けになる魅力があります。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを活用できないか検討しましょう。ネット配信ということで、レンタル店でDVDを借りるよりも作品を見つけやすいのが特徴です。とくにマイナー作品を見つけたい場合はウェブサイトにアクセスするだけでOKであるこちらの方が確実に動画にたどりつけます。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ザカリーに捧ぐ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ザカリーに捧ぐ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:カート・クエンネ
脚本:カート・クエンネ
撮影:カート・クエンネ
音楽:カート・クエンネ

★【キャスト】
---

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.6/1094%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画フリー  
幼馴染が殺され、その息子に「君のお父さんはこんなに素晴らしい人だったんだよ」という事を伝えたい為に撮り始めたドキュメンタリー映画。ドキュメンタリーという物がこんなに素晴らしいものだという事を初めて知りました。こんなに生々しい悲しみや怒りはどんなに素晴らしい役者でも出せないでしょう。構成も素晴らしい。この映画を見てない人は是非見て下さい。映像の構成も音楽も美しいです。画面から感じる愛と音楽が重なって涙が溢れました。
●映画FUN 
見たことを後悔するくらい悲しくやりきれない話。これはフィクションではなくドキュメンタリーなんだからどこに気持ちを持って行けばいいの? 日本の司法にもまだまだ問題はあるけれど、少なくとも殺人犯は保釈が認められないだけ救いがある。日本に生まれて良かった。ビデオレターというパーソナルなものが、社会の不条理に直面していく様は戦慄を覚える。亡き父親の足跡を親友がザカリーのためにたどったホームビデオがここまで一転するとは。
●BILIBILI 
「予想もつかない展開」という触れ込みなんだけれども、私は「事件」の展開が驚きというサプライズよりも、この「事件」を監督が「どう受け止めたか」というそういう視点でのラストに涙腺が崩壊した。犯人の女の訳分からなさは置いといて、それよりもカナダという国の司法の訳分からなさにもどうしたらいいやらで困惑。偉大な父と偉大な祖父母を持つザカリーへ捧ぐ壮大なビデオメッセージという体裁でありつつ、こうもインパクトを与えるのか。
●DAILYMOTION
父親を亡くしたザカリーのために、父親の友人が昔の映像や旧友へのインタビューを繋げた、簡単に言ってしまえば伝記的ドキュメント。事実は小説よりも奇なりというが、ハッキリとドキュメントととして記録されているという時点で、これはもうフィクションではまず太刀打ちできないんじゃないかという絶望感も感じる。この後に起こる悲劇を予想出来ずに釈放してしまった司法の判断によりザカリーに不幸が。それは避けられないのか。過去を悔やむ。