海賊とよばれた男

海賊とよばれた男

日本が再び立ち上がる

2013年度本屋大賞第1位を獲得した百田尚樹の同名ベストセラー小説を映画化。出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにしたといわれる主人公・国岡鐵造の活躍を描く。主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を見抜いていた国岡鐡造は、北九州の門司で石油業に乗り出すが、国内の販売業者や欧米の石油メジャーなど、幾多もの壁が立ちふさがる。それでも鐡造は挫けることなく型破りな発想と行動で自らの進む道を切り開いていく。やがて石油メジャーに敵視された鐡造は、石油輸入ルートを封じられてしまうが、唯一保有する巨大タンカー「日承丸」を秘密裏にイランに派遣するという大胆な行動に出る。それは当時のイランを牛耳るイギリスを敵に回す行為だったが…。

原題:海賊とよばれた男 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年12月10日 / 上映時間:145分 / 製作会社:ROBOT、「海賊とよばれた男」製作委員会 / 配給:東宝

【無料動画】

『海賊とよばれた男』特報

(C)2016「海賊とよばれた男」製作委員会 (C)百田尚樹/講談社


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

ある時代の懸命に生きる人々にスポットをあてた作品は思わず魅入ってしまう面白さがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを試してみるといいかもしれません。ネット配信なので、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単で、かつスピード感ある視聴が実現できます。ジャニーズ出演作品は配信が行われていないことが多いですが、店でレンタルするよりも前にとりあえず確認してみるだけでもいいでしょう。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「海賊とよばれた男」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『海賊とよばれた男』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:山崎貴(関連作品:『寄生獣 完結編』)
脚本:山崎貴
撮影:柴崎幸三
音楽:佐藤直紀

★【キャスト】
岡田准一、吉岡秀隆、染谷将太、野間口徹、鈴木亮平、ピエール瀧、須田邦裕、飯田基祐、矢島健一、小林隆、黒木華、浅野和之

★【インタビュー】
・山崎監督「現場はおっさん祭りでつらい毎日でした。綾瀬さんが出てくれて感謝しています」
・染谷将太「監督から、ムードメーカーであり、みんなに愛されるような人物像にしてほしい、と言われた」

★【雑学(トリビア)】
・原作小説は2013年4月に第10回本屋大賞を受賞した。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.6/5.03.95/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
思わず熱くなりました。現代では薄れてきた根性論の原点を見た気がします。石炭が主流だった時代にいち早く石油が主流になると先読みして言って、その後は石油メジャーに追い落とされそうになるのを不屈の闘志で立ち向かうという、ザ・邦画というストレートな王道根性人情映画。海賊といういかついタイトルのとおり、激しめのシーンも用意されているので、思わず力の入る部分もある。俳優の熱の入った演技に思わず見入ってしまうようなドラマだ。
●映画FUN  
昭和の偉人が戦前戦中戦後での熱い思いの中で苦悩しながら成功を収めていく生き様が心地よく感じる骨太の映画でした。現5隻目の日章丸、出光佐三のビジネスモデルは今も継承されているので、これは日本の経済の始まりの物語でもある。それでいてVFXも頑張っているし、見どころは多い。岡田准一が全シーン全力のオッサンぶりを魅せてくれるのには驚いた。大河ドラマも思い出すが、それを映画一本に集約したのはかなりの大冒険であっただろう。
●BILIBILI
会社を起こし、大きくし、何度もどん底に落とされても、信念と共にとにかく一生懸命に突き進んできた男の話。これぞ普通じゃないかと思うかもしれないが、その普通を確立した男なのだろう。「店員は家族と同然」という経営者の信念があったからこそ、明らかに苦しい時も多くの店員たちもついていったのだろうし、他の誰よりも1歩も2歩も先を見て、状況を判断する先見の明の鋭さは思わず唸らされた。海賊というにはあまりにも義理があった。