ひかりをあててしぼる

ひかりをあててしぼる

世界一残酷でピュアな夫婦の物語

2006年に東京で実際に起きた新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件をモチーフに、ある秘密を抱えた夫婦の愛憎を描いた人間ドラマ。2011年に上演された同名舞台を、演出を手がけた坂牧良太が自らメガホンをとって映像化した。平凡な会社員・谷中浩平は、友人の巧と参加した合コンで知り合った美女・智美と恋に落ち、結婚する。2人は幸せな夫婦生活をスタートさせるが、虚栄心の強い智美は浩平を振り回すようになっていく。子どもを授かったものの自由を奪われたくないからと堕胎し、他人が羨む生活をするために高級マンションでの暮らしを望む智美。そんな彼女に嫌われたくない一心で必死に理想の夫を目指す浩平だったが、ついに不満を爆発させ、智美に暴力を振るうようになってしまう。そのことを知った巧は智美を助けようとするが…。

原題:ひかりをあててしぼる / 製作:日本(2015年) / 日本公開日:2016年12月3日 / 上映時間:83分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

ひかりをあててしぼる予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

人間の内に抱えた喜怒哀楽が狂気としてこぼれ出るようなサスペンスは見ているだけで画面に釘付けになるような魅力があります。そんなハラハラさせてくれる映画を観たいときは、まず動画配信サービスを活用して見れないかを検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それでは店に行ってもなかった場合のショックは大きいです。なのでまずウェブサイトにアクセスして作品の配信を確認するのが先決です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ひかりをあててしぼる」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ひかりをあててしぼる』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:坂牧良太
脚本:宮崎大祐、坂牧良太
撮影:古屋幸一
音楽:下石奈緒美

★【キャスト】
忍成修吾、派谷恵美、桜井ユキ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
全体にほの暗く、水の中にいるような質感。妙にリアルなやり取りとテンポ感。DVトラウマがある方には、相当しんどい映像だろう。ステレオタイプのセレブな生活をすれば幸せになれると、盲信する価値観。本当に望んでいるものは、本人にもわからないのだ。そして、暴力を呼んでしまう一つ一つの挙動。私は、目の前の出来事をクローゼットの中に隠れて、もどかしく、そして恐怖を覚えながら、覗き見をしている。背けたいのに目が離せない。
●映画フリー
気がつくと背中にじんわり、季節外れの汗をかいていた。人の持つ潜在的な恐怖心をこれでもかと引っ張り上げ、増幅させる。なんとも恐ろしい巧妙な手口に一種の衝撃と無力感さえ抱く。この映画の作り手は怖ささえ感じるほどだ。これはホラーとしてジャンルに分けてもいいのではないか。そう思ってしまうほどの嫌な空気が滞留しているのだ。これぞ人間キラー。観てはいけない映画だ。
●BILIBILI
エリートバラバラ殺人事件の話。どうしたらいいのこれっていう関係になっちゃうんですね。嫌な執着って感じ。それにしても関わってしまった友人が気の毒すぎる。強烈な印象を残す映画でした。派谷恵美は、すごい熱演だった。派谷恵美の不気味っぷりが素晴らしく、上映後の舞台挨拶でも、役を引きずりちょっと恐怖を感じるほど。役者って本当に凄いなと馬鹿みたいに思ってしまった映画でした。
●VIDEOEYNY 
普段このような映画を見られる方やホラーやスプラッタ映画を見る方には平気かもしれませんが、普段全くこのような映画は見ず、生温い優しい世界の作品を見ている私にとっては、正直気持ち悪かったです。ただ、その後智美がノコギリを持つシーンは、シュールなシチュエーションも相まって何だか格闘物みたいだなと脳が現実逃避していました。ここの効果音とBGMの融合は劇中一番気持ち悪くて最強でした。