私の少女時代 Our Times

私の少女時代 Our Times

本当に好きだった

1990年代の台湾を舞台に、イケメン男子に片思いする女子高生の奮闘を描き、アジアで大ヒットを記録した青春ラブコメディ。平凡な女子高生の真心は、学校一番のイケメン男子・欧陽に恋をする。欧陽がアイドル的存在の女子と付き合っていると思い込んだ真心は、不良男子の太宇と手を組んで2人を別れさせる作戦に乗り出すが…。

原題:我的少女時代 Our Times / 製作:台湾(2015年) / 日本公開日:2016年11月26日 / 上映時間:134分 / 製作会社: / 配給:ココロヲ・動かす・映画社○

【無料動画】

『私の少女時代 Our Times』予告

©2015 Hualien Media Intl. Co., Ltd 、Spring Thunder Entertainment、Huace Pictures, Co., Ltd.、Focus Film Limited


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

微かな愛の感情がしだいに膨れあがる過程を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんな優しい作品を見たいときは、動画配信サービスがオススメです。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、もしかしたらネット配信しているかもしれません。確認はウェブサイトにアクセスするだけでOK。ちょっとした手間を加えるだけで、その後の労力が大きく削減される可能性もあるので、面倒ではなく、むしろお得といえます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「私の少女時代 Our Times」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『私の少女時代 Our Times』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:フランキー・チェン

★【キャスト】
ビビアン・ソン、ダレン・ワン、ディノ・リー、デビ・チェン、アンディ・ラウ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.4/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.004.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画フリー
結論を最初に言うなら、間違いなく最高でした。絶対に見るべきです。最初の物語の調子はなんかベタベタだなと苦い顔をしていたら、みるみるうちに変化。もう最後なんか号泣です。涙があふれ出てくる。止まらない。自分も高校生に戻った気持ちで観たり、自分だったらなとか、色々考えてドキドキしたり、鑑賞後にここがかっこよかったとか語り合うのも楽しい。ラストに待ってるハッピーサプライズ! 信念は貫き通すべきであり、その姿はとにかくクールで、ビューティフル。
●映画FUN 
両方の俳優は、映画の途中で実際に映画に他の文字があることを忘れてしまったような、そのような素晴らしい人生をキャラクターにもたらします。彼らは共に力強く映画を支配し、生意気、決断、無邪気さと生き生きとした感情を生き生きとしている。間違いなくこれらの2人がお互いに遊び合う方法は、台湾の多くの監督やスクリーンライターが何年にもわたって学んでいくだろう。彼らのパフォーマンスは正直言って完璧だった。明らかにそれは十代の女の子の視点からのガール・ムービーです。
●BILIBILI
参ってしまいました。映画狂のような映画のように、私は決してこのような映画や他のものに問題はなく、公然と好きです。ラブコメ好きにはたまらないし、好きになってしまうのもしょうがないじゃないかというストーリーテリング。主人公達の心の変化とかもうキュンキュンしちゃってくださいという贅沢なサービス精神が多め。邦題も狙いすぎだが、それもそれでよし。少し展開とラストにかけて駆け足になっている感があったのでさらに映画の世界に浸りたいというのが本音だろうか。
●DAILYMOTION
日本の少女漫画的展開が満載でこれは日本人向けなのかと錯覚するほど。親日家が多いから日本文化を受け入れてくれやすいという点もあるのでしょうが、台湾の親近感が増してしまうのでした。古きよき80年代、90年代の日本を見ているような懐かしい感じもするし、この台湾の時代を知らないはずなのに不思議だな。日本人に近いけどそれでもやはり違った感性で作られた映像がとても新鮮で美しいひと時を提供してくれて、すっかり観終わった後は満足感に包まれてハッピーなのでした。