おっぱいバレー

おっぱいバレー

試合に勝ったらおっぱいを見せる…だったら勝つしかない!

実話をもとに描かれた同名小説を映画化した青春コメディ。1979年、北九州市。中学校の弱小男子バレー部の顧問になった新任教師の美香子は、やる気のない部員たちに「試合に勝ったらおっぱいを見せる」という約束をさせられてしまう。張り切った部員たちは練習に打ち込み、実力をつけていくが、試合には勝ってほしいものの、おっぱいは見せたくない美香子は思い悩み…。

原題:おっぱいバレー / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年4月18日 / 上映時間:106分 / 製作会社: / 配給:ワーナー・ブラザース

【無料動画】

おっぱいバレー

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

人気の女優が主演している映画はそれだけで多くの人の関心を集めるだけのパワーがあります。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。このサービスはメリットもたくさん。例えば、ダウンロード機能があります。家にパソコンやテレビがない人にとってスマホ視聴は欠かせませんが、ネックなのは通信制限。そこで事前にダウンロードしておけば外出先などWifiのない環境でも安心に見れます。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「おっぱいバレー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『おっぱいバレー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:羽住英一郎
脚本:岡田惠和
撮影:西村博光
音楽:佐藤直紀

★【キャスト】
綾瀬はるか、青木崇高、仲村トオル、石田卓也、大後寿々花

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.70/5.003.0/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】
・宇多丸:ザ・シネマハスラー
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。

●映画の無料動画で夢心地
あまりのバカバカしさに程よい脱力感を覚えながらも、中学生男子の純粋さや、真面目さ、ひたむきさ、昭和のアナログ感もいい具合に溶け合って、本当に素晴らしい映画に仕上がっていた!綾瀬はるかさんの爽やかさも抜群ながら、生徒役の皆さんが本当に素晴らしく、文句のつけようが無いのである。こんな生徒のバカバカしい想いに対し、戸惑いながらも、付き合う教師。今の時代にこのような教師が存在するだろうか?まあ、世間にバレれば問題になるが、生徒の想いにも負けないひたむきさが、綾瀬はるか演じる教師に感じられた。最後まで笑いと涙に溢れた、心地の良い作品。
●映画フリー  
鑑賞し終わって気づいたんですが、この作品、タイトルの割には、エロの部分が全くない。もちろん、会話の端々に中学生らしいエロい会話があるんですが、それを表現する映像がない。妄想シーンみたいなものが出てこない。まあ、主役が綾瀬はるかですから無理もないかもしれませんが、せめて水着のカットがあっても…。しかし、この綾瀬はるかの先生ぶりが良かったです。可愛らしくて、一生懸命で非常に魅力的な女性でした。こんなことを口走りながらも清純そのもので、ますますファンになりました。
●BILIBILI 
全編に流れる'70年代の歌謡曲&ニューミュージックにはこの時代に中学生だった僕達には懐かしくもあり、涙もの。時代再現にはやたらと力が入っている感じがします。風景もまた、その当時を丁寧に再現しており、この世代の人はいろいろと楽しめるのではないでしょうか。衣装はアディダスのヤッケ、ナショナルのチャリンコ、マジソンスクエアガーデンのバック、女子はブルマー姿。あらためてみるとノスタルジーに浸ってしまうなぁ。