國民の創生(1915)

映画史に残る最大級の問題作

アメリカ映画史上初の長編作品として映画の歴史に多大な影響を与えた傑作とされながら、人種差別的な観点から上映禁止運動も巻き起こった問題作。南北戦争とその後の連邦再建の時代の波に翻弄される、アメリカ北部・ペンシルベニア州のストーンマン家とアメリカ南部・サウスカロライナ州のキャメロン家の二つの名家に起こる息子の戦死、両家の子供達の恋愛、解放黒人奴隷による白人の娘のレイプ未遂と投身自殺などの出来事を、南北戦争、奴隷解放やエイブラハム・リンカーンの暗殺、KKKの黒人虐待などを壮大な叙事詩のように、白人の視点から描く。

原題:The Birth of a Nation / 製作:アメリカ(1915年) / 日本公開日:1924年4月25日 / タイム:165分 / プロダクション:David W. Griffith Corp. / 配給:

Public Domain


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Archive】パブリックドメイン


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼『國民の創生』の無料動画は見れる?▼

不朽の名作として語り継がれるような作品はそれだけの価値があるものです。そんな作品を見たいときは、レンタル店でDVDを借りるというのもひとつの手です。一方で動画配信サービスという選択肢もあり、これならネット配信というかたちで視聴できます。他にもパブリックドメインとして著作権が切れている場合は、アーカイブというかたちで保存・公開しているサイトもあります。それは合法的なものですので、安心して動画を利用することができます。

しかも、ユーザーにはハッピーです。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

違法サイトは使ってはいけません。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「國民の創生」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『國民の創生』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『國民の創生』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:D・W・グリフィス
脚本:フランク・ウッズ、D・W・グリフィス、トーマス・ディクスン
撮影:ビリー・ビッツァー、D・W・グリフィス
音楽:ジョセフ・カール・ブレイル

★俳優
リリアン・ギッシュ、エルマー・クリフトン、ラルフ・ルイス、ロバート・ハーロン、ヘンリー・B・ウォルソール、メエ・マーシュ

★『國民の創生』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.4 100% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『國民の創生』の反応

●Cレポーター 
南北戦争、リンカーン暗殺、KKKの結成など19世紀アメリカの歴史を特に北部と南部の対立を中心に、約3時間かけて描いている作品。こんなに古い時代の映画なのに、カットバック、モンタージュ、役者の顔アップ、パンニングなど、後の時代まで受け継がれた様々な映画技法が使われており、非常に面白い。ただ、徹底して白人=正義、黒人=悪という図式が貫かれ、あのKKKが正義の組織として描写する、今ではありえない作品なのは忘れてはいけない。
●OPENLOAD 
賛否両論を通り越して現在では絶対にダメな一線を越えている映画。一応、言っておきますが映画撮影などテクニカルな部分としてはとてつもなく意義深い作品なのです。ただし、人種についてはね。擁護の余地はないでしょう。それでも、こんな歴史があったということを記憶にとどめるためにも、この作品は語り継がれるべきなのじゃないですか。だから映画が好きな人は必ず一度は見てほしいのです。映画には人種差別を牽引した罪があるのだから。
●STREAMIN  
監督のグリフィス自身は人種差別に関心がなかったようですが、はたして本当か。無知の差別というやつかもしれないけど。本作は監督のメッセージと公開した結果があまりにもかけ離れてしまった悲しい作品である。あの描写では仮に正しい知識があるとしても観客にとってKKKが正義に見えてしまうのは否定できず、実際にKKKが復活したのは無理もない。あらためて映画の影響力を考えてしまう。作り手にはその力に責任と倫理を持ってほしい。