I am. アイ・アム

I am. アイ・アム

水川あさみ主演、看護士ロボットSF

菅浩江による近未来小説を水川あさみ主演で贈る、人間の心を持たないはずの看護士ロボットが、自分探しに目覚めて葛藤する姿を描いたSFドラマ。江成一信が院長を勤める江成病院。ここでは、医学、科学において最先端の技術を持つ副院長の江成瑞恵が介護ロボットを開発、患者の世話に当たらせていた。ある日、病院の駐車場で車が暴走。看護士の樋野裕子にぶつかりそうになる。身を挺して彼女を救ったのは、介護ロボットのミキだった。自分の腕を損傷しながらも裕子を救ったミキは、その可憐さとテキパキとした仕事ぶりで、院内の人気者になっていく…。

原題:I am. アイ・アム / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2010年1月23日 / 上映時間:95分 / 製作会社: / 配給:日本スカイウェイ

【無料動画】

水川あさみ主演映画『アイ・アム Iam.』の予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

独創的な世界観で観客を魅了するような作品はそれだけで面白さがあります。そんなファンタスティックな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であればメリットもたくさん。レンタル店でDVDを借りるよりも便利で、ウェブサイトにアクセスするだけでOK。加えて、スマホ、パソコン、テレビ、タブレットと、自由に視聴スタイルを選べるので、忙しいユーザーにとってぴったりの視聴体験ができます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「I am. アイ・アム」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『I am. アイ・アム』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:石侍露堂
脚本:門馬隆司、石侍露堂
撮影:安田光
音楽:中村彩子

★【キャスト】
水川あさみ、柏原収史、佳村さちか、村田雄浩、菜葉菜、泉谷しげる、川上麻衣子、奥村公延、上田耕一、佐野実、広田レオナ、長谷川初範、酒井和歌子

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
生と死が隣り合わせの病院を舞台にしただけあって、心とは、死とは、人間とは、という問題について考えさせられる映画であった。近未来が舞台らしく、介護にロボットが使われる日も近いことを感じる。しかし、実際に知的ロボットが使われれば問題も多いだろう。ジローのように暴走したら怖いが、ミキも最初は怖がられたり、「ロボットのくせに」と何かとロボットとして差別された。労働者の厳しい現実は変わりないのだ。
●映画FUN 
難病で治る見込みのない少年の母親が、痴呆症で同じ歌を機械的に繰り返す老人に食ってかかる場面があった。田辺医師は難病で次第に体が動かなくなり、機械に生かされている状態で、ミキよりも自分の方が機械に近いのではないかと苦悩する。死を待つ少年、痴ほう症の老人、機械に生かされている人、感情を持つロボット、誰が一番人間的なのだろうか。意外に深い問いかけを残す作品だった。欠けているもの、それは助け合う精神かもしれない。
●BILIBILI  
水川あさみを観る映画ですかね。水川あさみさんのファンの人にはお勧め。実際にかなりの好演を披露してくれます。映画の方は音と光の使い方がとてもよかったと思います。SFですが、人工知能の介護ロボットという題材がとても日本的な気がします。無表情・無感情なため常に冷静だが愛想がないというのは、介護をやるうえでどうなんだという感じもありますが、ある意味、労働の虚しさを客観的に表現しているのかもしれません。個人的には「アイ・アム I am.」という邦題は似たような作品が多いので違うのにできなかったのかとは思いましたが…。