煽情/Amer(2009)

煽情

約50の国際映画祭に出品され、批評家を魅了

アナの少女期、娘盛り、熟女期と、3つのパートで女性の欲望と肉体への探求心を皮膚感覚で、女性が感じ得る恍惚と恐怖を世代ごとに描いたエロティック・サスペンス。少女時代のアナは、静まり返った邸宅で喪服の女に襲われたり、祖父の遺体が甦る妄想に怯える。娘へと成長したアナ。眩い若さが男たちの視線を引きつけ、母親は嫉妬の眼差しを向ける。熟女になったアナが子ども時代の悪夢と決着をつけるために荒れ果てた邸宅に戻るが、夜闇の中、黒手袋の男がナイフを手に迫ってくる…。

原題:AMER / 製作:ベルギー・フランス(2009年) / 日本公開日:2013年2月(DVDスルー) / 上映時間:90分 / 製作会社: / 配給:オンリー・ハーツ

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

人間の内に潜む喜怒哀楽や欲望を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であれば、メリットも多いです。とくにレンタル店でDVDを借りる場合は、なにかと面倒な作業も多いですが、これなら瞬時に視聴に移れます。動画を鑑賞するためのサポートも充実しており、スマホからパソコン、テレビまで自由自在です。

「有料だからな…」とガッカリしないでください。無料でお試しができるキャンペーンがあるので心配無用です。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「煽情」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『煽情』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:エレーヌ・カッテ、ブルーノ・フォルツァーニ
脚本:エレーヌ・カッテ、ブルーノ・フォルツァーニ
撮影:マニュエル・ダコス

★【キャスト】
カサンドラ・フォレ、シャルロット・ウージェヌ=ギボー、マリー・ボス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.3/1079%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.002.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
これは人によってどストライクにハマる、とんでもない魅力を内包した恐ろしい映画です。セリフほとんど無しで映像でガンガン見せてきますが、いわゆるアート系とも言えなくないですがこの言葉では一切説明できない感じはなんと形容すればいいのですかね。闇夜に光る苦い刃先、煽られ湧きでるエロティシズム。ストーリーも台詞も棄てて徹底した、スカートはためく悪夢のような描写の連なり、革がしなる音、危ない艶。全てが甘美で最高です。
●映画FUN 
タランティーノが2010年のベスト20に選んだらしいエロ・サスペンス映画。確かに好きそうではある。はっきり言って普通という言葉からは相当かけ離れている。映画といえるかも怪しい。映画を見ていてここまで生々しい感覚がこちらまで伝わってくるのは初めてかもしれません。終始流れる不気味な緊張感。ラストのシーンは予想を超えて軽くトラウマですね…。体感映像美の極致!とはほんとうにこれのこと。味わいつくすといいです。
●VUDU
映画を見ていてここまで生々しい感覚がこちらまで伝わってくるのは初めてかもしれませんと思わせるほどの魅了される映像でした。情報としての量は少ないし、日常的ですらあるのに、しっかり画面から目が離せなくなってしまうのですから。映画というナイフで感情を切り刻まれて、机に綺麗に並べているような、やりたいようにされまくっている気持ちになってきます。しかし、苦しい痛みはなくてどこか快感でもあるのですから不思議なもの。
●SHAREVIDEOS
エレーヌ・カッテとブルーノ・フォルツァーニのコンビ監督もここまでの独創性が引き出せるとは。煽情というシンプルなタイトルも頷ける。これはこれで味のある一作じゃないですか。画面に舐められるような感覚とでもいえばいいか、なんともくすぐったいべたつき感。官能という言葉で表現していいのか、それは定かではないですが、セクシャルではないのです。やはり文学的なニュアンスさえあるので、官能がぴったりなのでしょうか。