スイス・アーミー・マン

スイス・アーミー・マン

死体と一緒にサバイバル生活

ポール・ダノとダニエル・ラドクリフのコンビで贈る、人生に行き詰った男と死体と奇妙な交流を、躍動的な音楽と映像とともに描き出す異色のドラマ。無人島に取り残された男が絶望のあまり自殺を試みようとした時、海岸に打ち寄せられていた死体を発見する。一度は死を決意した男は、突然現れた「死体」を慈しみ、親愛の念を抱きつつも、それがまるで「スイス・アーミー・ナイフ」のように多機能ツールとして活用できることに気付く。二人三脚で孤独な無人島を生き残る。

原題:Swiss Army Man / 製作:アメリカ(2015年) / 日本公開日:2017年9月22日 / 上映時間:97分 / 製作会社:Tadmor、Astrakan Films AB / 配給:ポニーキャニオン / 製作費:300万ドル / 興行収入:

【無料動画】

映画『スイス・アーミー・マン』予告編
Montage Lyric Video - Swiss Army Man Soundtrack (Official Video)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo

▼無料動画を見る方法▼

普通のシナリオなんて飽きてしまったという刺激に飢えている人にぴったりな動画配信サービスは、映画をお得に見るのに最適です。レンタル店でDVDを借りるのがこれまでの通常でしたが、今ではネット配信がスタンダードになりつつあります。店でわざわざ探す手間もなく、観たいときにすぐに視聴を開始できるのが人気の理由。さらに視聴を開始メディアもさまざまで、スマホ、パソコン、タブレット、テレビなど自由に選択することができます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

新作であってもいずれはネット配信されることになればVODでも取り扱われる可能性が高いです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「スイス・アーミー・マン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『スイス・アーミー・マン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン
脚本:ダニエル・シャイナート、ダニエル・クワン
撮影:ラーキン・サイプル
音楽:アンディ・ハル、ロバート・マクダウェル

★【キャスト】
ポール・ダノ、ダニエル・ラドクリフ、メアリー・エリザベス・ウィンステッド

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.0/1067%64
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.03.41/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【感想・批評】

●映画FUN 
ワケがわからないハイテンションなまま、死体がスイスアーミーナイフよろしく機能し、主人公が窮地を脱出していく。とにかくぶっ飛んでて先が読めない展開に度肝を抜かれてばかり。何も考えずに見ていると、さっぱり意味不明で終わってしまうかもしれないが、映画全体に示される「生きること」への渇望と喜びをメッセージとして受け取れる人には大切な一本になるはず。逆にこの映画から何も感じないのであればきっととくに悩んでいないのだろう。
●SPACEMOV
ダニエルくんが変てこな映画と、ポール・ダノがボコボコにされる映画は最高! 今回はポール・ダノはボコボコにはされなかったけど、ボロボロだったのでオッケー。ダニエルくんは変な役が似合うなあ。ちなみに本人もこの映画が大変お気に入りのようで、幸せそうに語っています。基本、こういう変わり者のキャラが大好きみたいですね。シュールで印象的シーンには清々しさを感じるほどで、謎の爽快感が味わえる。オナラも案外、役に立つのか!
●STREAMIN
これはゾンビというべきなのか。世界で一番役に立つ死体がここに! 会話できたり水筒になったりピストルになったり斧になったりめちゃくちゃ便利なんです。方位磁石のシーンなんてほんと最低なんですけど笑いをこらえきれず。でも、この死体が最も役に立ったのは人生を進むうえで背中を押してくれたことだった。死人と死人になりかけた人が展開していく、人生いろいろあるけれど、生きてみようじゃないか応援歌。これを観て明日も頑張れる。