映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国

みんな、動物になってしまった!

子供から大人まで根強い人気を誇るアニメ「クレヨンしんちゃん」の劇場版第17弾。エコ活動の一環としてゴミ拾いをしていたしんのすけは、河原でおいしそうなドリンクを発見。しかしそのドリンクは、カスカベの新町長・四膳守が推進する究極のエコ活動“人類動物化計画”の第一歩だった。しんのすけが冷蔵庫で冷やしておいたドリンクを勝手に飲んでしまった両親は、ニワトリとヒョウに変身してしまい…。

原題:映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国 / 製作:日本(2009年) / 日本公開日:2009年4月18日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証拠です。そんな人気作をお得に見たいときは動画配信サービスを利用しましょう。これはシリーズものに強いのが特徴です。レンタル店でDVDを借りるのでは一作ごとに探すことになるので手間がかかりますが、これなら一気見も簡単です。視聴するときは一挙配信しているタイミングを見計らうととくにお得になるので見逃さないようにしましょう。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『映画クレヨンしんちゃん オタケベ!カスカベ野生王国』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:しぎのあきら
脚本:静谷伊佐夫

★【キャスト(キャラクター)】
矢島晶子(野原しんのすけ)、ならはしみき(野原みさえ)、藤原啓治(野原ひろし)、こおろぎさとみ(野原ひまわり)、真柴摩利、林玉緒、一龍斎貞友、佐藤智恵、後藤邑子、山本高広、折笠愛、ジェロ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
しんちゃんの拾った薬を、ひろしとみさえが飲んでしまって、それぞれニワトリとネコになってしまう事件から始まる、クレしん的には割と王道なスタートのSF系劇場版です。家族愛を前面に押し出したのはいつもな気もするが、今作は父ではなく、みさえの母の愛に焦点をおいた感じ。ここが新しいと言えば新しい、フレッシュな部分かもしれない。ストーリーの大テーマとの重なりなど、どうしても歯車がカチッと合わさっていないむずがゆさは否めないが、頑張っているほうだとは思います。
●BILIBILI  
クレヨンしんちゃん劇場版第17作目。春日部の人たちが動物になる人類動物化計画を実行する四膳守。春日部防衛隊の動物姿が可愛かったです。とくに風間くんのペンギン。もう風間くんはあのままでいいと思います。表上は環境保護を訴える作品ですが、行き過ぎた環境保護団体を批判する裏テーマが見える作品でした。でも、オトナ帝国的要素が入るので、どっちにテーマ性をおけばいいのかわからない気もするけど。結局、みさえの回想シーンに涙する方を観客は選びますよね。ひろしの見せ場はほとんどなく、最後のひまわりは完全チートなので、だいぶ偏りがあるのも気にはなります。
●CRUNCHYROLL  
クレしん映画の王道は備えている。大事なのはこの物語のオチだ。ラストで今回の件がただの夫婦喧嘩が原因だと分かる。おそらく多くの人がなんだそれとがっかりしたかもしれない。でも、結局それがクレヨンしんちゃんという作品らしさなのだ。どんなに奇抜な組織でも、不可思議な現象でも、事の発端にあるのが家族。それはクレヨンしんちゃんが常に家族の映画であることと同じ。そして、動物というのはたいてい家族を重要視する。それが本能の基本になっている。つまり、動物と家族は相性がこれ以上ないくらいマッチしていたのだ。
クレヨンしんちゃん

★【劇場版 クレヨンしんちゃん を総復習!】

  • 第1作『アクション仮面VSハイグレ魔王』
  • 第2作『ブリブリ王国の秘宝』
  • 第3作『雲黒斎の野望』
  • 第4作『ヘンダーランドの大冒険』
  • 第5作『暗黒タマタマ大追跡』
  • 第6作『電撃!ブタのヒヅメ大作戦』
  • 第7作『爆発!温泉わくわく大決戦』
  • 第8作『嵐を呼ぶジャングル』
  • 第9作『嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』
  • 第10作『嵐を呼ぶ アッパレ!戦国大合戦』
  • 第11作『嵐を呼ぶ 栄光のヤキニクロード』
  • 第12作『嵐を呼ぶ!夕陽のカスカベボーイズ』
  • 第13作『伝説を呼ぶブリブリ 3分ポッキリ大進撃』
  • 第14作『伝説を呼ぶ 踊れ!アミーゴ!』
  • 第15作『嵐を呼ぶ 歌うケツだけ爆弾!』
  • 第16作『ちょー嵐を呼ぶ 金矛の勇者』
  • 第17作『オタケベ!カスカベ野生王国』
  • 第18作『超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』
  • 第19作『嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』
  • 第20作『嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス』
  • 第21作『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』
  • 第22作『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』
  • 第23作『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』
  • 第24作『爆睡!ユメミーワールド大突撃』
  • 第25作『襲来!!宇宙人シリリ』
  • 第26作『爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』

サイトについて

シェアする

フォローする