映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝

新しい仲間とともに未知の世界で大冒険

2005年に声優陣やキャラクターデザインをリニューアルした「ドラえもん」新シリーズの劇場版第3弾。過去作品をリメイクした前2作とは異なり、劇場版オリジナルのストーリーが展開する。裏山で苗木を拾ったのび太は、ドラえもんの道具で自由に動き回れるようになったその苗木に“キー坊”と名付け育て始める。ある日キー坊を連れて裏山を訪れたのび太たちは、突然現われた巨大な渦に飲み込まれ、植物が支配する“緑の星”に辿り着く。

原題:映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝 / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年3月8日 / 上映時間:112分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

[のび太と緑の巨人伝]劇場予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

世代を超えて末永く愛されている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに詰まっている証明です。そんな人気作を可能限りお得に見たいときは動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信であれば、シリーズものを簡単に追いかけることができます。レンタル店でDVDを借りるのではかなり面倒で、作品を探すだけでも一苦労。これであれば、シリーズを一気見することもできますし、一挙配信している場合もあるので便利です。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。未体験のVODがピックアップされているときはラッキーです。無料動画というかたちで視聴するベストタイミングが来たといえます。

『映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
総監督:楠葉宏三
監督:渡辺歩
脚本:大野木寛
音楽:沢田完

★【キャスト(キャラクター)】
水田わさび(ドラえもん)、大原めぐみ(のび太)、木村昴(ジャイアン)、関智一(スネ夫)、かかずゆみ(しずか)、三石琴乃(のび太のママ)、松本保典(のび太のパパ)、堀北真希(リーレ)、キー坊(吉越拓矢)、三宅裕司(長老ジィ)、大塚周夫(シラー)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
ドラえもんの声優陣が一新されて、新のび太の恐竜・新魔界大冒険に続く三作目。わさびドラ初の原作不在な完全オリジナル作品であり、期待と不安が入り混じる一作でした。テーマであるエコロジーに対して説教臭いところがあるが、これは当時は確かそういうのが流行だった気がする。地球温暖化問題がクローズアップされた年だったし、時代的なメッセージ性といえるだろう。ドラえもんも世相を反映するのだなと思ったし、今、藤子・F・不二雄が生きていたらどう思うのだろうか。
●BILIBILI  
テレビアニメの「さらばキー坊」や映画「雲の王国」にも出演しているキー坊がメインの映画です。ここのキー坊がとにかくかわいく、愛嬌を振りまきます。どことなく某ジブリ映画に通じるものを感じるのは気のせいじゃないでしょう。新ドラえもんは作画が半端ないのですが、今作はダントツですごい。見てみればわかります。キャラの細かい動きももちろん、背景や小道具一つ一つの書き込みようがこっていて、変なところも作画が半端なくて、終盤に意図的な作画崩壊がある場面が際立ちます。
●CRUNCHYROLL 
昔のドラえもんの絵から新しい絵になり綺麗になってもうそろそろ慣れてきてもいいころ。絵の話はもういいとして、今作はドラえもん映画としてはオーソドックスな部分を基本にしてそこまで企画自体は冒険させないつくりでした。「どうして言う事をすぐ聞かないと敵になっちゃうの?」などメッセージも盛り込みつつ、少し不思議な体験を提供する。王道といえば王道。後半の地球が真緑になっている描写は考えようによっては残酷だけど、真実味はかなり薄めですね。
ドラえもん

★【劇場版 ドラえもん を総復習!】

  • 第1作『のび太の恐竜』
  • 第2作『のび太の宇宙開拓史』
  • 第3作『のび太の大魔境』
  • 第4作『のび太の海底鬼岩城』
  • 第5作『のび太の魔界大冒険』
  • 第6作『のび太の宇宙小戦争(リトルスターウォーズ)』
  • 第7作『のび太と鉄人兵団』
  • 第8作『のび太と竜の騎士』
  • 第9作『のび太のパラレル西遊記』
  • 第10作『のび太の日本誕生』
  • 第11作『のび太とアニマル惑星(プラネット)』
  • 第12作『のび太のドラビアンナイト』
  • 第13作『のび太と雲の王国』
  • 第14作『のび太とブリキの迷宮(ラビリンス)』
  • 第15作『のび太と夢幻三剣士』
  • 第16作『のび太の創世日記』
  • 第17作『のび太と銀河超特急(エクスプレス)』
  • 第18作『のび太のねじ巻き都市(シティー)冒険記』
  • 第19作『のび太の南海大冒険』
  • 第20作『のび太の宇宙漂流記』
  • 第21作『のび太の太陽王伝説』
  • 第22作『のび太と翼の勇者たち』
  • 第23作『のび太とロボット王国(キングダム)』
  • 第24作『のび太とふしぎ風使い』
  • 第25作『のび太のワンニャン時空伝』
  • 第26作『のび太の恐竜2006』
  • 第27作『のび太の新魔界大冒険 ~7人の魔法使い~』
  • 第28作『のび太と緑の巨人伝』
  • 第29作『新・のび太の宇宙開拓史』
  • 第30作『のび太の人魚大海戦』
  • 第31作『新・のび太と鉄人兵団 ~はばたけ 天使たち~』
  • 第32作『のび太と奇跡の島 ~アニマル アドベンチャー~』
  • 第33作『のび太のひみつ道具博物館(ミュージアム)』
  • 第34作『新・のび太の大魔境 ~ペコと5人の探検隊~』
  • 第35作『のび太の宇宙英雄記(スペースヒーローズ)』
  • 第36作『新・のび太の日本誕生』
  • 第37作『のび太の南極カチコチ大冒険』
  • 第38作『のび太の宝島』

サイトについて

シェアする

フォローする