アウトフォックス ~イラク戦争を導いたプロパガンダTV~

アウトフォックス ~イラク戦争を導いたプロパガンダTV~

マスメディアをあなたは信用しますか

フォックスニュースチャンネルと、その創設者ロバート・マードックがいかに巨大メディアを統率・操作してきたか。そして視聴者の意識をいかにコントロールしてきたかを描いたスリリングなドキュメンタリー。

原題:Outfoxed: Rupert Murdoch's War on Journalism / 製作:アメリカ(2004年) / 日本公開日:2013年10月(DVDスルー) / 上映時間:78分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

アウトフォックス~イラク戦争を導いたプロパガンダTV~(プレビュー)

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の知られざる問題やテーマに踏み込んだドキュメンタリーはそれだけで見ごたえがあります。そんな興味深い一作を見たいときは動画配信サービスで探してみるのもいいでしょう。大作や有名作品もいいですが、このサービスにはドキュメンタリーが充実しているものもあります。スマホ、パソコン、テレビ、タブレットと、好きな視聴メディアを選べるので自由自在に好きなタイミングで観れて、暇な時にちょっとずつ楽しむのも良しです。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「アウトフォックス ~イラク戦争を導いたプロパガンダTV~」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『アウトフォックス ~イラク戦争を導いたプロパガンダTV~』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ロバート・グリーンウォルド

★【キャスト】
---

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.6/1085%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.00??/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
近年は「マスゴミ」なんつー言葉が聞かれる様になりまして。私でも知っているキーワードが「偏向報道」って奴。今作はまさに上記した「偏向報道」についての映画。説教くさくてつまらないのかななと思ったら…。結論、すごく考えさせられる内容でスムーズに完走できました。ドキュメンタリーのため内容を言うと丸々ネタバレなのでここでは述べませんがアメリカ独自のの政治体制とか選挙運動をあらかじめ頭に入れておいた方が楽しめるかも。
●映画の無料動画で夢心地 
歪んだシステムがFOXなんていうど偏向ニュース番組をテレビ業界のトップにまで押し上げたのだということが今作を通して非常によくわかります。テレビ局のような大企業は信頼できるなんて大嘘だということが嫌でも実感できますね。しかし、アメリカの場合、政治的な意味でここまで偏るなんて逆に清々しい部分もありますね。だって、こんな報道ありますか。ちょっと特定の政治家に味方するとかのレベルではないというストレートさですから。
●DAILYMOTION 
ネットの隅々まで行き渡ったこの恐るべき資本主義を既存メディアにおいていち早く実践してみせたのがこの映画の主人公FOXの生みの親ルパード・マードック。彼の本当に恐ろしいところは極右的なイデオロギーで民衆を操ること自体が目的ではないこと。その証拠に彼はオバマ政権に対しても巧みな戦術でロビー活動を行ない、政権の出方によってはこれまでの極右的な報道を180度転回させてオバマ政権の広告塔になることを提案しています。
●VIDEOEYNY 
つねに世の中の流れを読み金儲けの為に自らの主義主張も簡単に変えられるところが本当に恐ろしいところです。他にも、FOXはイラク戦争の単独中継権を共産党から得ていて、従軍カメラマンによる戦争ショーを独占配信することにより大儲けしていたなど衝撃がたくさん。やはりメディアとビジネスは関連するべきではないです。日本も無視できない問題であり、テレビであろうと新聞であろうとまとめサイトであろうと信用できないときはそうなる。
●FANDANGONOW
ここでニュースのお時間です。今日のビックニュースは「マスコミは信用できるか?」です。さあ、あなたはどんな媒体を信じていますか。テレビはなんか嘘くさいって? 新聞は堅苦しくてダメだって? ネットは稚拙な文章ばかりで飽き飽きするって? では本当に真実に忠実なのはどれか。そんなものはあるのか。そういうことを考えさせる、センセーショナルな一作を見てみよう。それがこの「アウトフォックス」なのだ。これはあなたの物語だ。