アズミ・ハルコは行方不明

アズミ・ハルコは行方不明

独身OLの安曇春子は失踪しました

2013年に発表された山内マリコの長編小説「アズミ・ハルコは行方不明」を蒼井優主演により映画化。日本中どこにでもありそうな、郊外のある街。この街から独身OLの安曇春子が突然姿を消した。街じゅうに貼られたハルコの行方不明ポスターとともに、彼女のポスターをモチーフにしたグラフィティアートが拡散されていく。ネットでは、男だけを無差別に襲う女子高生ギャング団とハルコポスターのグラフィティアートとの関係性が噂されはじめて…。

原題:アズミ・ハルコは行方不明 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年12月3日 / 上映時間:100分 / 製作会社: / 配給:ファントム・フィルム

【無料動画】

『アズミ・ハルコは行方不明』特報

(C)2016「アズミ・ハルコは行方不明」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Paravi(登録月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Paravi

▼無料動画を見る方法▼

独創的な設定とストーリーで観客を魅了するような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は同じです。ネット配信なので、視聴は自由。外出先で見たいならスマホ、ながら作業して見たいならパソコンで、いつでも持ち歩くならタブレットもいいですし、テレビなら大画面で観ることができます。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アズミ・ハルコは行方不明」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『アズミ・ハルコは行方不明』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:松居大悟(関連作品:『私たちのハァハァ』)
脚本:瀬戸山美咲
撮影:塩谷大樹
音楽:環ROY

★【キャスト(キャラクター)】
蒼井優(安曇春子)、高畑充希(木南愛菜)、太賀(富樫ユキオ)、葉山奨之(三橋学)、石崎ひゅーい(曽我雄二)、菊池亜希子(今井えり)、山田真歩(吉澤ひろ子)、落合モトキ(川本)、芹那(杉崎ひとみ)、花影香音(少女ギャング団リーダー)、柳憂怜(津川ジロー)、国広富之(社長)、加瀬亮(警官・沢井)

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.02.55/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
冒頭から鮮烈な映像と独特なストーリーに一気に魅了されました。好き嫌い別れるかもですが、私はかなり良かったです。計3つのエピソード交互に描き、加えて時系列を異常なくらい細かくシャッフルしているという、チャレンジ精神あふれるとんでもない構成。「何故アズミハルコは失踪したのか?」という謎への興味が持続するという意味では、この狙いは成功しているが、最初のインパクトはすさまじく、結構慣れていないとびっくりすると思う。
●DAILYMOTION  
奇抜なアプローチで、様々な角度から女性の生き様を描き出す秀逸で挑戦的な作品です。そこだけでも評価したくなります。蒼井優も高畑充希もあまりに芝居が上手すぎて、熱演のバトルが凄まじい。最後のシーンまで、適当に観すぎていると時系列に振りまわされて意味不明になってしまうが、それを理解したうえでもう一度見るとなるほど、と意味合いの解釈ができるようになる。繰り返しの鑑賞を思わず推奨したくなるような味のある映画でした。
●BILIBILI  
設定だけを聞くと謎が多すぎる。男だけを無差別に襲う女子高生ギャング団とハルコポスターのグラフィティアート。このエキセントリックな両者は意外な形で絡んでいく。ふわふわした現代若者の生き方と誰かに依存していたい生き方という、いわば今の現代人のスタイルをそのまま映し出しているものだと気づくと深みが増す。確かにこの狭い世界は生きづらい。でもそこで精一杯暮らしている私たちはカッコ悪くないし、誇っていい。そう思った。