私は貝になりたい

私は貝になりたい

戦争の罪は誰のものなのか

橋本忍が監督・脚本、主演・フランキー堺で映画化された1959年の同名作品を、SMAPの中居正広を主演にリメイク。高知の漁村で理髪店を営んでいた豊松は、召集令状により本部防衛の部隊に配属され、過酷な戦争を経験する。終戦後、家族との平穏な日々も束の間、豊松のもとに軍警察が現れ、従軍中の戦犯として逮捕されてしまう。必死に無実を訴える豊松だったが…。

原題:私は貝になりたい / 製作:日本(2008年) / 日本公開日:2008年11月22日 / 上映時間:139分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

Watashi wa Kai ni Naritai 私は貝になりたい (2008) Trailler High Definition 1280x720

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

社会の中でさまざまな葛藤や苦悩にさらされた人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなエネルギッシュな作品をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信なので、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に視聴できます。配信の確認をするのもウェブサイトにアクセスするだけでOK。タイトルを検索してみてチェックしましょう。関連作を観るのにも使えるので便利な用途の応用もできます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「私は貝になりたい」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『私は貝になりたい』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:福澤克雄
脚本:橋本忍
撮影:松島孝助
音楽:久石譲

★【キャスト】
中居正広、仲間由紀恵、柴本幸、西村雅彦、平田満、マギー

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画の無料動画で夢心地
自分は戦争が終わってずっと後に生まれたので戦争を知りません。平和な時代、国に生まれて良かったとは思いますが、過去の事、人事にすべきでないなぁと心底考えさせられました。それ程メッセージ性の強い作品で、観て良かったです。配役には別に違和感なかったです。中居くんには特に期待してなかったんですが、少し軽い雰囲気が普通っぽくて嵌まってたと思います。鶴瓶さんは暗い作品の中の、光明のような存在が救いだったと思います。他のキャスティングも適材適所で最高でした。平和が当たり前の時代だから、当たり前の平和が軽視されがちな時代だから現代に必要な作品だと思います。戦争についてあらためて深く考えたい。
●映画フリー
無実の罪で死刑になる元兵士の無念さが伝わった。紅葉や雪などの四季の変化が美しかった。昭和版「私は貝になりたい」はなぜか記憶にあって、たぶんリアルタイムではないと思うのですがモノクロの映像が記憶に残っています。そして、リメイク。心配はいらなかった。タイトルにもなってる最後のモノローグ、中居のあのトーンの高い、下手すると裏返りそうな掠れ声しか知らないのでどうなるか心配だったけど囁くような、口の中で呟くような書いた手紙を自分にだけ聞こえるように復唱するような声でした。とてもよかったと思いました。真面目で家族思いで優しい人が何故こんな目にあわなければならないのか、涙が出てきました。最後の処刑シーンが頭から離れません。
●BILIBILI 
今から遡っても100年経たない時にこのようなことがあったと考えるとどうにもこうにも言葉で表すことが出来ない。絶対にあってはならない。最後に獄中生活で親しくなったアメリカ兵が涙を堪えるシーンは心に刺さる。どの国だって人が死ぬのは嫌なのだ。それが身近な人であればなおさら。でも誰かが罪を償うことになるのなら、では戦争は誰の責任なのか。過去に起こった出来事を受け継ぐとはいえ過去は過去。絶対に変えられない。ならばこの先、言葉通り身を削ってお国のために戦ってくださった方々の思いを継いで、二度と同じ過ちが起きぬようそう願うばかりです。