博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか

博士の異常な愛情

映画はフィクションであり、現実には起こりません

ピーター・ジョージの「赤い警報(破滅への二時間)」という小説を大胆にアレンジして、東西冷戦の最中に撮影された、戦争が世界の破滅を導くことをシニカルに描いたブラックコメディ。時は冷戦の真っ只中。アメリカの戦略空軍基地司令官リッパー将軍が突然、ソ連への水爆攻撃を命令する。ところがソ連が保有している核の自爆装置は水爆攻撃を受けると10ヶ月以内に全世界を破滅させてしまうと判明。両国首脳陣は最悪の事態を回避すべく必死の努力を続けるが、議論は一向に進展しない。一方で、巻き込まれたイギリス空軍のマンドレイク大佐は将軍の閉じこもる執務室から出られなくなり、リッパー将軍を説得するが…。

原題:Dr.Strangelove: How I Learned to Stop Worrying and Love the Bomb / 製作:イギリス・アメリカ(1964年) / 日本公開日:1964年10月6日 / 上映時間:93分 / 製作会社:Hawk Films / 配給:コロンビア映画 / 製作費:180万ドル / 興行収入:

【無料動画】

博士の異常な愛情 - 予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

不朽の名作として映画史に刻まれている作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用してみましょう。このサービスはネット配信なので、新作や話題作ばかりが注目を集めがちですが、旧作もしっかり揃っています。加えて字幕や吹き替えを含んでいるものもあるので便利です。スマホ、パソコン、タブレット、テレビと視聴スタイルを自由に選べるので、ユーザーの好みに合わせられます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「博士の異常な愛情」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:スタンリー・キューブリック
脚本:スタンリー・キューブリック、ピーター・ジョージ、テリー・サザーン
撮影:ギルバート・テイラー
音楽:ローリー・ジョンソン

★【キャスト】
ピーター・セラーズ、ジョージ・C・スコット、スターリング・ヘイドン、スリム・ピケンズ、キーナン・ウィン、ピーター・ブル、ジェームズ・アール・ジョーンズ、トレイシー・リード

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
8.4/1099%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
スタンリー・キューブリックの代表作品として挙げられる、人類滅亡への過程を描くブラックコメディ。この2000年代になっても今なお先進諸国の大国が信じている「核抑止論」。それがいかに脆く、滑稽で、虚しいかが見事に表現されている。軍のトップの暴走で動き出してしまった核爆弾。その暴走は大統領ですら止められない。核でさえも人間の愚かさは抑止できない。そんなことわかっているじゃないか。だって人間はダメな奴らだもの。
●映画FUN
細部まで凝った作りが妙なリアリティを出していて一度進んだらもう止まらない核兵器のバカらしさを訴えてくる。攻撃している側が攻撃を止めたいのに止められずに自他諸共お陀仏というのはなんとも馬鹿げた話だろうか。「この映画のようなことは絶対に起こりません」というクレジットが最大の風刺。戦争への痛烈な皮肉を、ここまで突き放して昇華できる手腕が見事。エンディングのキノコ雲に乗せた「また会いましょう」が一番恐い。
●OPENLOAD
ピーター・セラーズの「3役」(マンドレーク大佐、大統領、ドクター・ストレンジラブ)が、やはり抜群に上手いのは言うまでもないのであるが、それ以上に「狂った指令者=スターリング・ヘイドン」や「秘書とイイ仲でありながら軍事会議でそれなりの発言力ある大将=ジョージ・C・スコット」は見事な雰囲気を出していた。なんでこんな狂人ばかりなんだよという世界が実にたまらない。核爆弾はまたがるものなのです。