アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

ナチスによる戦争犯罪の闇が暴かれる

第2次世界大戦後、海外へと逃亡したナチスの戦犯アドルフ・アイヒマンの捕獲作戦を実現へと導いたドイツ人の検事長フリッツ・バウアーにスポットを当て、バウアーがいかにしてアイヒマンを発見し、追い詰めていったのかを描いた実録ドラマ。1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチスによる戦争犯罪の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに、数百万人のユダヤ人を強制収容所送りにしたアドルフ・アイヒマンの潜伏先に関する情報が寄せられる。ナチス残党が巣食うドイツの捜査機関を避け、イスラエルの諜報機関モサドと接触したバウアーは、アイヒマンを追い詰めていくが、同じ頃、バウアーの失脚を狙う者たちが策略をめぐらせていた。

原題:Der Staat gegen Fritz Bauer / 製作:ドイツ(2015年) / 日本公開日:2017年1月7日 / 上映時間:105分 / 製作会社: / 配給:クロックワークス、アルバトロス・フィルム

【無料動画】

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』映画オリジナル予告編

© 2015 zero one film / TERZ Film


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

歴史の裏に潜む知られざる問題や人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。レンタル店でDVDを借りることしかやったことがない人でも安心です。ネット配信といっても基本は同じ。難しい作業は必要ありませんし、むしろ商品を探す手間が省けて楽です。関連の同じジャンルの映画を調べることもできるので便利です。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。問題性は常に潜んでいます。例えば、意味不明な広告が頻繁に表示されて体験を妨害されたり、動画が劣悪で視認しづらいほどの見づらさだったり、プライベートな情報を盗み取るようなプログラムが動いていたりと、マイナス面が目立ちます。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ラース・クラウメ
脚本:ラース・クラウメ
撮影:イェンス・ハラント
音楽:ユリアン・マース、クルストフ・M・カイザー

★【キャスト】
ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、リリト・シュタンゲンベルク、ヨルグ・シュトルフ、セバスチャン・ブロムベルグ、ゲッツ・シューベルト、コルネリア・グレーシェル、ロバート・アトツォルン、マティアス・バイデンヘーファー

★【インタビュー】
・ラース・クラウメ監督「本作にはサスペンス要素もあり、アウトサイダーvs.権力、という古典的な闘いが、架空の漫画の世界ではなく、本当にあったことが描かれている。簡潔に言えば、感情に訴えかけ、時代を問わず人を鼓舞し続けるヒーローの物語なんだ」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.1/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
バウアー検事長の執念の実話で、全体が地味な色調に葉巻の煙ばかりで、ハラハラもせず進むストーリー。いわゆるエンタメ要素は極限まで抑え、実話ベースにねっとりと針を突き刺すような嫌な空気が漂う。過去を切り捨てて新たな時代に生きようとする国民の姿は能天気にすら見えたり、実はソレがナチスの残党によってゆっくりと侵食されている結果だと気付かされるあたりに愕然とすると同時に、これが戦後も続く負のダメージの痛みなのかと思った。
●VUDU  
大戦後のドイツ公職者の中に元ナチスやナチスシンパが多く存在していたなんて知らなかった。まさに手のひら返しで、なんとか戦後もキャリアにしがみつこうと顔をコロコロ変えている奴。どこの国でもいるのだな。そんな存在を悔しそうに見つめる主人公。苦虫を噛み潰したようなおっさんが四六時中タバコを吸ってるのを見る映画といっても過言ではないが、そこには意味がある。この事実が隠されていたことにもさらなる闇を感じるのがまた辛い。