午前2時の唇

午前2時の唇

深夜のラジオがつなぐ愛と秘密と性

「声」でつながる人々の愛と性、暴力と犯罪を描いたエロティック・サスペンス。マドリードの深夜2時、ラジオの人気番組がひっそりと始まる。番組はリスナーたちが電話で語る衝撃の体験、誰にも言えない悩み、秘密の告白などで成り立っている。社会に渦巻くいくつもの完熟したドラマはやがて、ラジオを通して注ぎ込んだ大河のうねりとなっていく…。

原題:Propios y extranos / 製作:スペイン・アルゼンチン・ドイツ(2010年) / 日本公開日:2011年12月(DVDスルー) / 上映時間:106分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

PROPIOS Y EXTRAÑOS - TRAILER

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼DMM見放題chライト(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
DMM

▼無料動画を見る方法▼

人間の心の内側に潜む欲望をストレートに描き出し、刺激的な展開も含むような作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなエロチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使いましょう。レンタル店でDVDを借りる場合では、どうしても人目を気にしてしまうようなこともありえます。しかし、このサービスならネット配信なので、プライベートな空間で誰にも邪魔されず視聴まで自由。アダルト系の作品を専門に扱っているサービスもあります。

しかも、無料でサービスをお試しできるという、とてもありがたいキャンペーンもたいていは実施されています。無駄な出費を抑えたい、登録した後に失望したくない。そんな人に最適であり、お金を請求される前に一定の期間、自由にいろいろな機能を試験利用できるというものです。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あとで後悔してしまうくらいなら、最初から公正なサービスを利用しているほうが必ず見返りがあります。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「午前2時の唇」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『午前2時の唇』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:マノロ・ゴンサレス
脚本:マノロ・ゴンサレス
撮影:エルムート・フィシェル
音楽:パコ・ムスレン

★【キャスト】
エレーナ・バレステロス、ジャン・ピエール・ノエル、ミケル・ノエル、ヒョルディ・ビチェス、アレーヒョ・オルティス、マニュエル・タフェレ、アルベルト・ヒメネス、イザベル・プリンス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.3/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
「午前2時の唇」という邦題もなかなか良いセンスを感じる。マノロ・ゴンサレス監督の独自性が光るドラマが展開され、予想外の人間関係の絡みが起こり、不規則な変化を見せ、静的な着地に落ち着く。ラジオという題材はなぜこうも不思議な縁を感じさせるのだろうか。これはテレビなどでは成立しえない固有の人と人のつながりなのだと思う。きっとどんなにツールが発達してもラジオ的な人の結びつきは必要とされる時代は続くでしょう。
●海外コメント
朝は2時です。マドリードのラジオでもう一回、「知られている知らない人」の番組が始まり、学生、夜間の労働者、または単純に眠れない人々で構成されている、忠実な聴衆が大勢います。1人の発呼者は、彼を脅迫するために同僚によって使用された彼の壊死傾向を告白する。学生は最終的にコール・ガールの仕事を放棄しようとしています。それはふしだらでもなく、あくまで彼女のワークスタイルなのですが、観客は感情を煽られ、悶えていくのです。
●STREAMANGO 
ムードの強い作品であり、それ自体は普通。ただ、ミスリードな点も多いので、印象は変わるかもしれない。彼女は彼女の教育に資金を提供し、若者のギャングは隣人の暴力的な夫について何かを決める一方、若い作家は女性を探しています。彼は最後に生きている。それが意味することについては語らないし、語るべきではない。興味深いのは唇の渇かないうちにその女性の艶やかさもどこかへ消え、フィクションの虚構に飲み込まれていくということだ。
●DAILYMOTION
昔のラジオを思い出した。今のようにラジオという媒体が時代遅れになってきて時期でもなく、全盛期の輝きがあった時、それは私たちが唯一人とつながれるツールだった。それはSNSなんてものがないタイムにおける、不特定多数のコミュニケーション。しかし、それは今では時代的な名残でしかない。そこでこのような作品は意味を持ってくる。その香ばしい懐かしさを感じさせると同時に、これでしか味わえないものをもう一度思い出させるのだ。