ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー

ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー

映画の歴史を変えた人物の友情に迫る

世界の映画史を塗り替えたふたりの映画監督、フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールの波乱に満ちた友情を解き明かすドキュメンタリー。ヌーヴェルヴァーグを代表するふたりの巨人、フランソワ・トリュフォーとジャン=リュック・ゴダールの友情と決別までの軌跡、そしてふたりの間で翻弄されることになる俳優ジャン=ピエール・レオの運命を振り返る。トリュフォーの「大人は判ってくれない」でデビューし、その後ゴダールの作品にも出演していたジャン=ピエール・レオーは、2人の板挟みとなり苦悩する。ヌーヴェルヴァーグとは何だったのかを、貴重なインタビューや資料映像と共に紐解いていく。

原題:DEUX DE LA VAGUE、TWO IN THE WAVE / 製作:フランス(2010年) / 日本公開日:2011年7月30日 / 上映時間:97分 / 製作会社: / 配給:セテラ・インターナショナル

【無料動画】

『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』予告編

(C)Films a Trois 2009


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV
VOD9【Gyao】


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

著名な人物の知られざる一面にスポットをあてた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドキュメンタリーをお得に見るなら、動画配信サービスも使い心地がいいです。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、パッケージディスクのないドキュメンタリーも少なくはないので、ネット配信で探すのも手です。なかにはドキュメンタリーを非常に充実したラインナップで揃えているので、興味のある人にとっては楽しいツールになるでしょう。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しキャンペーンというお得なメリットがあります。これはアカウント登録から1か月など設定された期間の間、動画鑑賞を含むサービスをお試しで利用できるという特典。たいていのサービスには無料試用が用意されています。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『ふたりのヌーヴェルヴァーグ ゴダールとトリュフォー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:エマニュエル・ローラン
脚本:アントワーヌ・ドゥ・ベック

★【キャスト】
イジルド・ル・ベスコ、フランソワ・トリュフォー、ジャン=リュック・ゴダール、ジャン・ピエール・レオ

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.7/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
この作品を観るとヌーヴェルヴァーグものが観たくなる。そんな鑑賞欲求を刺激されるので、覚悟した方がいいです。それもまた幸せなもので、こんな素晴らしい映画体験をできる世の中にしてくれてありがとうという感じなのですが、当人たちはそんな壮大なビジョンを抱えていたわけでもなく、実はさりげない付き合いや人生の探求を追い求めていただけなのかも。映画史の偉人さえもどこか身近に感じられる素敵なドキュメンタリーでした。
●OPENLOAD 
ゴダールとトリュフォーが鮮烈なデビューを飾り、ヌーヴェルバーグの旗手として世界に名を知られた時代からページをさかさまに読んでいくように順に遡り、二人の半生を対比させていき、友情が敵に変わった決裂を描いてラストを二人の子供であるレオで締めるという完成度。自作について語るゴダールとトリュフォーの姿やヌーヴェルバーグの偉大さなど、漠然とした知識をキチンと整理できつつ映像や写真などの資料を見れる意義はじゅうぶんである。
●SPACEMOV  
五月革命以降映画における姿勢の違いから決定的に仲たがいすることになったゴダールとトリュフォー。ゴダールが政治色を増していくのに対し、それと反発するかのようにトリュフォーは芸術としての映画を追求する。そのどちらも間違っていない。そもそも創作活動に正解はない。だから、その道の分離は必然だったのかもしれない。「ジャンピエールレオの親権を争う両親のようだった」そんな言葉にちょっと家族めいたアットホームさも感じた。