ハチミツとクローバー

ハチミツとクローバー

羽海野チカ原作の人気漫画を映画化

羽海野チカ原作の大ヒットコミックを、櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介ほか豪華キャストで映画化。美大を舞台に、若者たちが繰り広げる“全員片思い”の恋愛模様を描く。浜美大に通う竹本は、いつもクールな真山や変わり者の森田らと共に楽しい学校生活を送っていた。ある日竹本は、華奢な体で一心不乱に絵を描く天才少女はぐみにひと目惚れしてしまう。

原題:ハチミツとクローバー / 製作:日本(2006年) / 日本公開日:2006年7月22日 / 上映時間:103分 / 製作会社:アスミック・エース / 配給:アスミック・エース

【無料動画】


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼無料動画を見る方法▼

心の揺れ動きを描きながら人間模様をロマンチックに描いた作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、その前にこのネット配信で扱われていないか確認することで、事前に無駄足を踏むリスクを減らすことが可能です。ウェブサイトにアクセスするだけでOKなので、初心者でも簡単です。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「ハチミツとクローバー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ハチミツとクローバー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:高田雅博
脚本:河原雅彦、高田雅博
撮影:長谷川圭二
音楽:菅野よう子

★【キャスト】
櫻井翔、蒼井優、伊勢谷友介、加瀬亮、関めぐみ、西田尚美、堺雅人、堀部圭亮、宮崎吐夢、銀粉蝶、中村獅童、利重剛、春田純一、清水ゆみ、池田鉄洋、真島啓、浜野謙太、田辺誠一

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.2/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画フリー 
原作から結構イメージに近い俳優陣さんが多くてそこらへんのマッチングが嬉しい限りです。大学生のキラキラしてる感じもだけど、恋愛にも芸術にもまっすぐ向き合ってるの本当にうらやましい。蒼井優のフワフワ不思議な感じが本当にたまらない。この頃はこういう感じで売り出していたのですよね。蒼井優にキュンキュンさえできれば、映画中はずっと幸せな気分でいっぱいになれるので、我こそはという方はぜひこの作品に飛び込んできてください。
●映画FUN
この時代の彼女を知らない若い方とかは新鮮かもしれません。幼い頃に観て、自分も将来こういう道に進むとばかり思っていましたが、いざ時が過ぎれば懐かしさに浸るだけの映画になってしまいましたね。ハチミツとクローバーにあるような恋に落ちる瞬間は誰でも訪れるものではないのですね。最初から最後まで、こんなに主人公の思いが報われない作品ってあるの?という疑問もあったのですが、それでもこんなことは今となってはあるとわかる…。
●BILIBILI
高校生のとき、この映画を観て美大に入ろうと思って予備校を探したのを覚えている。ようするに美大に行きたくなる宣伝効果が恐ろしい作品なのでした。影響されすぎでしたね。今思うと、キャストが豪華すぎる。はぐちゃんかわいすぎ、森田さんかっこよすぎ。大学生って楽しい盛りだけど、それが芸大なら間違いない。いや、本当のところはどうか知らないけれど。大学にもよるので、選びどころは大変ですね。アートの世界は恋をするのも難しい…。
●VIDEOEYNY
私は竹本の自分探しの旅のシーンが好きだったから、映画の時間的な問題があるのは承知の上だけどそこが短かったのが少し寂しかった。その残念ポイントを除いて、あとは幸せに満ち溢れた映画だったと思います。ハグちゃんは金髪・天才肌でそれこそ妖精みたいな女の子だから体現するのは無理だと以前は思い込んでいた。それは後悔しているのでした。だってこんな演技を見せられたらね。好きと好きの夢のコラボで涙…羽海野先生、ありがとう!