鬼はさまよう

殺人鬼と復讐鬼、どちらを追うか

ソウル東南部にて女性や子供の連続失踪事件が発生。刑事のテスも捜査にあたっていたが、その渦中で偶然に当て逃げ事件に遭遇し、犯人の男を逮捕する。しかし、単なる当て逃げと思われていたこの事件は、予想外の急展開を迎える。押収した男の車内から大量の血痕を発見。その男は、連続失踪事件の犯人でもあったのだ。世間を震撼させる犯人逮捕で署内が沸き立つ中、テスに義理の弟スンヒョンから電話がかかってくる。テスの妹であり、スンヒョンの妻スギョンの行方がわからないという。そして調査の結果、車内に残された毛髪の1つがスギョンのものと一致するが…。

原題:The Deal / 製作:韓国(2015年) / 日本公開日:2016年6月25日 / タイム:103分 / プロダクション: / 配給:

映画『鬼はさまよう』DVD予告編

© 2015 CINEGURU / DAOU TECH. AND MIIN PICTURES All Rights Reserved.


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼U-NEXT(31日間無料)
安心の日本のサービスで、2007年に始まり、歴史があります。定額制の見放題作品と、一本の視聴ごとに課金されるPPV作品に分かれています。
▼ビデオマーケット(1か月無料)

▼『鬼はさまよう』の無料動画は見れる?▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスで退屈な時間を吹き飛ばすなら映画が一番。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスが味方になります。ネット配信はかなりポピュラーになってきましたが、まだまだ利点は知られてはいません。例えば、ダウンロード機能があります。普通であれば外出先でスマホで動画を見れば通信制限を気にしなくてはいけないですが、この機能で通信量は無視できます。ギガは問題なしです。

しかも、ユーザーにはハッピーです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「すぐに無料期間は終わってしまうのでは?」と心配するかもしれませんが、大丈夫です。1か月などじゅうぶんな期間が設定されており、自分に合うかどうかをじっくり吟味できます。

違法サイトは使ってはいけません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「鬼はさまよう」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『鬼はさまよう』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『鬼はさまよう』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:ソン・ヨンホ
脚本:ソン・ヨンホ、アン・ヨンジン
撮影:イ・ジョンヨル

★俳優
キム・サンギョン、キム・ソンギュン、パク・ソンウン

★『鬼はさまよう』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.2
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『鬼はさまよう』の反応

●Mコメンテーター 
とある雨が降る日、女性や子どもが失踪する事件が多発し、事故で捕まった車から大量の血痕が見つかり、その持ち主が連続誘拐事件の犯人だと断定。そこから物語はどんどん姿かたちを変え、視聴者を翻弄していく。鬼を追いかける先に待つ衝撃とは…。人を殺して嘲笑っていたガンチョンは、自分が殺されてもニヤリと嗤う。そんな結末はなんとも不気味で、陰惨だった。主人公の刑事の人柄にかろうじて救われているので、そこは安心要素です。
●映画の無料動画で夢心地 
残酷で陰惨なシーンの連発、後味の悪い最悪のラスト…こういうのが苦手な人はこの映画に全く向いていないばかりか、体調を悪化させかねない。逆にそれらがウェルカムな人は楽しい。鬼はさまよい続け、鬼を退治する執行者。そのぶつかり合いが、どす黒く続く。意外な展開にそうかと驚いた後、陰険極まりない展開にテンションダダ下がり。ソン・ヨンホ監督の作品はこういうブラック全開な感じなのかな。韓国側の評価が気になるところです。
●Sアナリスト  
真新しくないし、インパクトもそこまで極端ではない。でも悪くはない。犯人役は非常に不快で素晴らしい演技を見せてくれるし、韓国映画は常に平均点以上の凄さを見せてくれるので信頼できる。それに比べて常に外れを気にする率が高いどこかの国の映画は勘弁してほしい。でもそれで鍛えられたのでオールオッケーかな。主要人物3人の肉体的タフさは完全にマンガなんだけど、全編通して勢いある展開で見せ切ってくれたあたりはやっぱり秀逸だ。
●Bジャーナリスト
サスペンスやスリラー映画あるあるだけど、刑事や被害者が暴走してカオスになって結果的には解決が勢い任せになるのは定番だな。刑を執行もされず遺体の在りかも自白しない犯人に、しだいに遺族たちの苛立ちは我慢ならない状態になり、ピークに達し、やがて純然たる狂気に変わっていきます。これがフィクションだといえないのも韓国ですよね。「鬼はさまよう」というネーミングの意味もわかるとなるほどねと思ってしまうのでした。