プリースト 悪魔を葬る者

彼女を救えなければこの世は終わる

悪魔払いに挑む神父たちの姿を描いたオカルトサスペンス。ひき逃げ事件にあった女子高生が謎の昏睡状態に陥り、キム神父はその原因を少女に何かがとり憑いたと見る。悪魔払いを行うことにしたキム神父は、除霊の知識がある神学校の生徒アガトをサポート役に選び、いまや魔物と化した少女を救うため、2人は己の命をかけて危険な悪魔払いに挑んでいく。

原題:The Priests / 製作:韓国(2015年) / 日本公開日:2016年10月22日 / タイム:108分 / プロダクション: / 配給:ツイン

『プリースト 悪魔を葬る者』映画オリジナル予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

▼『プリースト 悪魔を葬る者』の無料動画は見れる?▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスを観るなら映画が一番。そんな異次元のスリルを満喫したいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。ネットで配信されていれば、いつでもどこでも視聴可能。ディスクなら視聴メディアは限定されてしまいますが、ネットのデジタルデータなら容易に動画を見れます。スマホでもOKですし、状況によって見たいときに視聴スタイルを変更することもできます。忙しいユーザーにはぴったりです。

しかも、ビギナーにもラッキーです。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画コンテンツは有害です。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品もコロコロとめまぐるしく変化します。新しく配信されたり、配信が終了するものもあって、流動的です。「プリースト 悪魔を葬る者」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『プリースト 悪魔を葬る者』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『プリースト 悪魔を葬る者』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:チャン・ジェヒョン
脚本:チャン・ジェヒョン
撮影:コ・ラクソン
音楽:キム・テソン

★俳優
キム・ユンソク、カン・ドンウォン、パク・ソダム

★『プリースト 悪魔を葬る者』のREVIEW

IMDb RT Mt
?? ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『プリースト 悪魔を葬る者』の反応

●Mコメンテーター 
韓国製のエクソシスト、悪魔祓い物。オリジナルの「エクソシスト」に使われたチューブラベルズそっくりのテーマ曲から、「エクソシスト」の韓国版を目指して作られていることがありありとわかる作品です。普通、海外の「悪魔物」「エクソシスト物」は、大抵は誰かが不幸になるんですよね。父親が娘を庇って死んだり、神父が一家を守る為に犠牲になったり。「わお、ハッピーエンドだ」と思って喜んでいたら、帰宅したら悪魔が居たり。
●Cレポーター
本作品は正真正銘「全員ハッピー」なエンド。これが意外で好きなラストでした。「エクソシスト」と「コンスタンティン」を混ぜてアジアン風味に仕上げましたというノリ。絶妙なカット割り、ライティング、音楽、SEが悪魔祓いという異空間を彩り、かなり好きになってしまったのでした。狡猾な悪魔と神父との壮絶な戦い模様がアップテンポで描かれており、好きな感じで自由に視聴できるのもいいところ。気軽に鑑賞するのがベストです。
●Sアナリスト
70年代のアメリカ映画「エクソシスト」をすべてにおいて稜がしている。韓国ってお隣の国だからキリスト教がそれほど普及してるんだろうか?キリスト教の国じゃないけれど韓国版「エクソシスト」を作ってみようってことでできた作品じゃないのかな。でもそこで完成度の高い作品に仕上げるところが韓国映画のすごいところ。これが日本ならB級パロディ映画になる。この手の作品に共通していることは、話が単純であること。これは大きな武器だ。
●Bジャーナリスト
「目的」と「成果」がはっきりしていて分かりやすい。だから小さいことが気にならずに集中できた。ほんと、よくできていると思った。西洋の文化であるエクソシズム映画を、韓国で作るという発想はキリスト教大国の韓国だからできることだ。でも、日本ではできないことを平然とやってのけるチャレンジ精神は正直羨ましい。民族文化を取り入れたエクソシズムはなかなか観ることができないので、興味本位でもいいので、一度見てみるのがいい。