ダゲレオタイプの女

ダゲレオタイプの女

愛が幻影を見せる

黒沢清監督が、オール外国人キャスト、全編フランス語で撮りあげた初の海外作品。世界最古の写真撮影方法「ダゲレオタイプ」が引き寄せる愛と死を描いたホラーラブストーリー。職を探していたジャンは、写真家ステファンの弟子として働き始めることになったが、ステファンは娘のマリーを長時間にわたって拘束器具に固定し、ダゲレオタイプの写真の被写体にしていた。ステファンの屋敷では、かつて首を吊って自殺した妻のドゥニーズも、娘と同じようにダゲレオタイプ写真の被写体となっていた過去があり、ステファンはドゥニーズの亡霊におびえていた。マリーに思いを寄せるジャンは、彼女が母親の二の舞になることを心配し、屋敷の外に連れ出そうとする。

原題:La femme de la plaque argentique / 製作:フランス・ベルギー・日本(2016年) / 日本公開日:2016年10月15日 / 上映時間:131分 / 製作会社: / 配給:ビターズ・エンド

【無料動画】

『ダゲレオタイプの女』予告編

(C)FILM-IN-EVOLUTION - LES PRODUCTIONS BALTHAZAR - FRAKAS PRODUCTIONS – LFDLPA Japan Film Partners - ARTE France Cinéma


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

独特の空気感で繰り広げられる人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという統計情報もあり、今ではレンタル店でDVDを借りるよりも身近になり、すっかりポピュラーになりました。意外なマイナー作でも扱っているものはあるので、たくさんあるサービスから探すのもあり。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料なのは古い作品ばかりでは?」と疑念を持つ人もいるはず。でもそれは大丈夫。なぜならポイントが登録時にもらえ、それを使うことで準新作も視聴できるようになっているからです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ダゲレオタイプの女」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『ダゲレオタイプの女』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:黒沢清(関連作品:『クリーピー 偽りの隣人』)
脚本:黒沢清
撮影:アレクシ・カビルシン
音楽:グレゴワール・エッツェル

★【キャスト】
タハール・ラヒム、コンスタンス・ルソー、オリビエ・グルメ、マチュー・アマルリック、マリック・ジディ

★【雑学(トリビア)】
・第41回トロント国際映画祭のプラットフォーム部門にて、ワールド・プレミア上映が行われた。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
5.9/1046%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
かなりジャンルの掴みづらい作品ですが、あえて言うなら幽霊奇譚といった感じでしょうか。観たことのない映画でした。少なくとも黒沢清はフランスという枠組みにおいても黒沢清になれるという巨匠の威厳を示した傑作だと思います。ダゲレオタイプに囚われた男たちの狂った愛。永遠を与えることが愛だと信じ込んでしまった可哀想な彼らはその網膜に幻影を留め視界の端から立ち現れる愛する者の姿に恐れ、あるいは自分にとっての救いを求める。
●無料ホームシアター 
怪奇映画として他では真似出来ない領域にある稀有な映画です。黒沢清らしさがいかんなく発揮されています。芸術に取り憑かれて現実と写真の世界の区別がつかなくなった男たちが、亡霊の館で精神を崩壊させていくゾクゾクした静かなホラー感。たまらない。震えた。揺らめくカーテンに不穏さを覚え、鏡が映ればその奥に誰かがいるのではないかと疑心に迷い込み、幻影にくらくらする。愛が意味もないわけではないが、罪にはなりうるのだろう。
●BILIBILI 
物語の舞台になっている洋館は、階段がグルリと回る感じで、奥にドアがあり、上を見ると丸い空間が空いているという不思議な構造がこの時点で完全にハマっている。素晴らしいセットだ。ヨーロッパの幽霊は「最初から幽霊として出てくるもの」であり、これらの幽霊を混在させた映画はなかなかない。監督お得意の、本作の現実と非現実の曖昧になっていく、錯乱していく経過の演出はなかでも格別のクオリティ。この世界が本当に恍惚としてしまう。