ガール・オン・ザ・トレイン

ガール・オン・ザ・トレイン

衝撃のラスト、彼女が最後にとる行動とは…

世界中でベストセラーとなった同名のミステリー小説を映画化し、勤電車の窓から人妻の不倫現場を目撃したのを機に、殺人事件に巻き込まれる女性の姿を追うサスペンス。夫と離婚したレイチェルは、毎朝通勤電車の窓から見える、見ず知らずの「理想の夫婦」の姿に、別れた夫との幸せだった日々を重ねていた。ある朝、通勤電車の窓からレイチェルの目に飛び込んできたのは、「理想の夫婦」の妻の不倫現場だった。そして、その女性は間もなく死体となって発見され、唯一の目撃者として、レイチェルに周囲から疑惑の目が向けられてしまう。

原題:The Girl on the Train / 製作:アメリカ(2016年) / 日本公開日:2016年11月18日 / 上映時間:105分 / 製作会社:DreamWorks Pictures、Reliance Entertainment / 配給:東宝東和 / 製作費:4500万ドル / 興行収入:1億7200万ドル

【無料動画】

世界を震撼させた驚愕のミステリーが日本上陸!『ガール・オン・ザ・トレイン』予告編
The Girl on the Train (2016) - Go Behind the Scenes with the cast

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは緊張感を高める映画でこそ最高の感覚が味わえます。そんなスリル満点の映画を観たいときは、動画配信サービスを上手く使いましょう。ネット配信であれば、レンタル店でDVDを借りるよりも簡単に動画を視聴できるので、忙しいユーザーにはとても有用です。好きな時、好きな場所で、作品を見るも良し。スマホ、パソコン、タブレット、テレビと、自由自在に動画を鑑賞しましょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように初回無料トライアルにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「ガール・オン・ザ・トレイン」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。レコメンドされているものの中に、これまで使ったことのないサービスが見つかれば、無料視聴はすぐそこ。映画ライフをお楽しみください。

『ガール・オン・ザ・トレイン』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:テイト・テイラー(関連作品:『ジェームス・ブラウン 最高の魂(ソウル)を持つ男』)
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン
撮影:シャルロッテ・ブルース・クリステンセン
音楽:ダニー・エルフマン

★【キャスト】
エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー、ルーク・エバンス

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.5/1044%48
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.4/5.03.35/5.003.4/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター
アルコールの飲み過ぎで記憶が曖昧って、身に覚えがあり過ぎてつらい(笑)お酒はほどほどにってことですね。それにしても単によくある泥酔で記憶がおぼろげで何が起こったかわからない!という部分で引っ張っていくミステリーだと思ったら、物語の様子がどんどん様変わりし、ああいう着地になるとは…。つまるところ、これもまた、女をたぶらかすクソ男をぶちのめせ!な映画だったのか。最後は爽快で、謎の解放感がありました。
●映画FUN
途中から謎が1つ1つ繋がるととっても面白かったです。女優3人をじっくり魅せてくれるのも嬉しいです。エミリーブランドのアル中もさすがの演技ですし、他の女優陣も良くて…。みんな色気があるなぁと思ったり。「記憶がない」なんてミステリーではタブーだけれど、ストーリーにもオチにもこんなふうに生きるのですね。脚本の節々に女性の強かさが散りばめられていて、原作著者や映画脚本家らが女性と知りとても納得しました。
●OPENLOAD
話の運び方に無駄がなく、登場人物たちの複雑な関係や環境も意外なほど理解しやすい。引き込み方も素晴らしいし、後半の緊張感もじんわりとくる感じで良かった。本人も自身の記憶があやふやなもんだから、余計にかき回しちゃう上に「やっぱり私が犯人かも?」ってなってくるところが斬新。オチにも満足で、真新しさはそこまで無いものの面白かったです。女性が3人ともそれぞれタイプの違う、自分好みの美女で眼福でした…