悪魔のいけにえ(1974)

レザーフェイスの恐怖!ホラー映画の金字塔

殺人鬼レザーフェイスの恐怖を描いたホラー映画の金字塔。監督はこれが商業映画初作品だったトビー・フーパー。アメリカのウィスコンシン州で実際に起こった残忍な殺人事件をもとに、旅行中の若者たちがテキサスの片田舎で殺人鬼に襲われる様を描いた。サリー、ジュリー、フランクリン、カーク、パムの5人組は、夏休みを利用してドライブ旅行に出かけ、その途中でヒッチハイクをしていた男を車に乗せる。しかし、男はナイフで自らを傷つけるといった行動を繰り返し、異常を感じた5人は男を車から追い出す。やがて一軒の洋館を見つけた5人は、その家に立ち寄るが…。

原題:The Texas Chain Saw Massacre / 製作:アメリカ(1974年) / 日本公開日:1975年2月1日 / タイム:83分 / プロダクション: / 配給:

『悪魔のいけにえ 公開40周年記念版』予告編

▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼U-NEXT(31日間無料)
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼dTV(31日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Netflix(1か月無料)

▼『悪魔のいけにえ』の無料動画は見れる?▼

往年の名作として映画ファンの間で語り継がれている映画はそれだけの価値がある証拠です。そんな作品を可能な限りお得に見たいときは、動画配信サービスを使いましょう。ネット配信といっても、最新の映画ばかりというわけではありません。旧作も結構揃っています。スマホで見ることもできるのが昔とは違う部分。ダウンロード機能を使えば、外出先でも通信制限を気にすることなく、自由に視聴できるので動画三昧な日々を過ごせます。

しかも、フリーお試しは嬉しいです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「動画がフルで見られるわけではないとか?」などと疑っているかもしれませんが、しっかり最初から最後まで視聴できます。お試しといっても作品が一部しか視聴できないような残念なことはありません。

違法サイトは使ってはいけません。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。ところが、問題になるのは数多くの氾濫するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「悪魔のいけにえ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題はさっくり解決できます。このページでは作品単位で配信しているVODがわかるようにリストアップしています。これで確認に右往左往することなく、スムーズに登録までの流れに進めます。他にも似たサイトはありますが、フリムビ2では特定のVODだけを推奨することはせず、幅広く平等に紹介しています。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

『悪魔のいけにえ』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『悪魔のいけにえ』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:トビー・フーパー
脚本:キム・ヘンケル、トビー・フーパー
撮影:ダニエル・パール
音楽:トビー・フーパー、ウェイン・ベル

★俳優
マリリン・バーンズ、アレン・ダンジガー、ポール・A・パーテイン、ウイリアム・べイル、エドウィン・ニール

★『悪魔のいけにえ』のREVIEW

IMDb RT Mt
7.5 88% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 3.8
フリムビ2推奨度
A(さらに良し)

★『悪魔のいけにえ』の反応

●Cレポーター
無駄に恐怖を煽るBGMに頼ることなく、細かいカット割りでごまかすようなこともなく、正攻法な演出で見せている。監督のトビー・フーパーのエンターテイメントとしての確かな力量はちゃんと存在している。ラスト、若者一行最後の生き残りの女性が逃げる。追いかける孫二人。「あとちょっとで捕まる」な30センチ位の距離の逃亡が続く。もう泣ける程怖い。失神しそうな怖さに耐えられれば、あとはもうこのスラッシャーが快感になる。
●無料ホームシアター
来るな、近寄るんじゃない。長男は笑いながらヒャッホイしつつ追いかけるし、次男は楽しそうにチェーンソーを振り回しながら追いかけるし。これらのシーンが、監督の感性なのか、計算しつくされた表現なのかは解りませんが、泣ける程怖いシーンが続く。が、コメデイ要素も有るので目が話せず凝視してしまう。何もかも見事だ。これはホラーというだけでバカにする人も多いが、これも映画として記録に残るべきであるのは事実だ。
●Bジャーナリスト 
この映画を観ていない人は絶対に一度は見てほしい。ホラーの金字塔、というよりは原点に近い、紛れもない歴史的な名作なのですから。この後に続くホラーに多大な影響を与えたのは言うまでもなく、映画観客にホラーの楽しみ方を教えてくれたのもこの作品でした。ありがとう、レザーフェイス先生。いつでも来てね、待ってます。あ、私の家は最後にしていいですから。いろいろ準備があるので。できれば武器は捨ててきてください。
●STREAMANGO 
ラストの夕焼けの中レザーフェイスのくるくるシーンは映像美だ。綺麗でしかない。チェーンソーでぶんぶん切っていくグロテスク映画だと思っていると思うが、それは間違いだ。過度なスプラッター描写を期待して見るような作品ではないのであり、これはトビー・フーパーの名作という世界の生贄どころか宝だった。スプラッター大好きな人はリメイク版の「テキサス・チェーンソー」を見るといいので、そっちがオススメです。