クレアの純真

汚れていくのは、この体

『アデュー、ぼくたちの入江』のヴァイナ・ジョカンテ主演によるエロティック・ドラマ。パリの音楽学校に通う、少女クレアは、ある日学校からの帰り道に声をかけられた。スクーターに乗っていたクレアが話しかけられた方を見た瞬間、男たちに数人がかりでク抱き抱えられ、車に押し込められた。そして、クレアは暗い森の中で、数人の男たちに襲われた。悪夢のような出来事を誰にも相談することが出来ず、心が傷ついたクレアはまるであの時の悪夢の体験を掻き消すためかのように見ず知らずの男たちに身を預け、自らを汚してゆくのだった…。

原題:VIVANTE、ALIVE / 製作:フランス(2002年) / 日本公開日:2008年1月(DVDスルー) / タイム:90分 / プロダクション: / 配給:


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV】
LINK9【Gyao】


動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。配信状況は日々変化するので、必ず公式サイトで直接アクセスして最終確認をすることを強く推奨します。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
ネットで動画を配信する映画見放題で、TSUTAYAならではのサービスが30日間無料です。無料お試し期間終了後、通常月額料金で自動更新となります。

▼『クレアの純真』の無料動画は見れる?▼

人の心の喜怒哀楽をストレートに描き出して丁寧に表現したヒューマンドラマはじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用できないか検討してみましょう。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、パッケージディスクを探すのがマイナー作品の場合は大変な時も多々あります。そういうときこそまずはネット配信で探してみるのが吉です。すぐに見つかるかもしれません。

しかも、ユーザーにはハッピーです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「最初の登録が難しく条件が厳しいのでは?」と不安に思うかもしれませんが、心配なしです。アカウントを作るために必要以上に個人情報入力を求められることもなく、すぐに完了します。

違法サイトは使ってはいけません。あまりにも再生が頻繁に停止してイライラしたことはありませんか。動画を見ようと思ったらわけのわからない広告が表示されて不快に思ったことはありませんか。あげくに全然関係のない外国語のページに飛ばされたりしませんでしたか。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

ビックリな作品からフレッシュな作品までVODはオール完備。最高の体験は意外に簡単に手に入るのですから病みつきです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者の「これを観たい」と熱望する作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「クレアの純真」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。なお、配信状況は常に変化するので、最終的な確認は公式動画サイトで今日の情報を必ず目で見て行うようにしてください。

『クレアの純真』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『クレアの純真』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:サンドリーヌ・レイ
脚本:アントワーヌ・ラコンブレ、サンドリーヌ・レイ
撮影:オリヴィエ・コカウル
音楽:ロマリック・ローレンス

★俳優
ヴァイナ・ジョカンテ、フランソワ・ベルレアン、マニュエル・ブラン、セシル・カッセル

★『クレアの純真』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.5 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
?? ??? 2.6
フリムビ2推奨度
C(まあまあ)

★『クレアの純真』の反応

●Mコメンテーター
主演のヴァイナ・ジョカンテのヌードシーンを拝む為だけの映画なのか。もちろんそうではない。幼い頃に母親を亡くし、純粋無垢に育っていた少女がある日複数の男から無残にも襲われてしまう。父にも兄にも相談することができず、けがれた体と心を自ら傷つけることで、なんとか生きる道をつなぐ。オープニングから悲劇が開始されるため、観客は彼女の純真性を理解する間もなく、どん底を目撃する。あくまで傍観者でしかいられない。
●Cレポーター
どこにいるのか。抱かれているのか。満たされているのか。このもどかしさこそが恐ろしい。自己肯定感を失い、自分を棄てるように日々をやり過ごすクレア。そこにあったのはフラフラした空想の世界で、現実に足がついていない感じなのか。薄いピンクの不思議な空間は彼女のどこにいるかわからない立場を表し、それが濃い色に染まっているかどうかを見届けることになる。純真という言葉ほど、つかみどころのないものはないだろう。
●OPENLOAD 
最悪の悲劇がトラウマとなって、破滅の道に突き進むクレア。周りの手が彼女を救い出そうとする過程が描かれるが、実際問題、何も解決してはいない。恋人と触れ合えるようになったこと、不仲だった父に心の内をさらけ出し和解したことで、観客がカタルシスを得られる展開は用意されている。しかし彼女が負った、心の傷自体は癒えていない。彼女が悪夢に魘される夜は何度だってやって来る。それでも、いつかは夜も明けるはず。
●SHAREVIDEOS
街中を歩くクレアの背中が映るラストは夜明けであった。フランス作品なので、この空中に舞うような埃みたいな映像はわかっていたし、終わりも明示するようなものがないのもわかっていた。サンドリーヌ・レイ監督の特性はわからないが、それはもう少し経験が必要かもしれない。クレアという透き通った肌を持つ、なにものにも染まっていない無垢な心は、これから何かに変わっていく。その前の瞬間を閉じ込めた映画だった。