聖の青春(2016)

聖の青春

棋士・村山聖の生涯を描く

難病と闘いながら将棋に人生を賭け、29歳の若さで亡くなった棋士・村山聖の生涯を描いた大崎善生による同名ノンフィクション小説を、松山ケンイチ主演により映画化。幼い頃から腎臓の難病・腎ネフローゼを患い、入退院を繰り返した村山聖は、入院中に何気なく父から勧められた将棋に心を奪われる。師匠との出会い、そしてプロ棋士として羽生善治ら同世代のライバル棋士たちと死闘を繰り広げ、まさに命を削りながら将棋を指した村山聖の壮絶な一生が描かれる。

原題:聖の青春 / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月19日 / 上映時間:124分 / 製作会社: / 配給:KADOKAWA

【無料動画】

11月19日(土)公開 映画『聖の青春』予告編

(C)2016「聖の青春」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

さまざまな葛藤や苦悩を抱えながら懸命に生きる人間模様を丁寧に描いたヒューマンドラマはそれだけで見ごたえがあります。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。このサービスには2種類のタイプがあります。ひとつは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは対象作品が見放題になって月額や年額で多くの映画が観れるもの。どちらなのかは作品ごとに判断しましょう。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「本当に無料で動画が見られるの?」そんな質問もあるでしょうが、しっかり公式サイトで「問題ありません」と答えています。配信作品ラインナップも豪勢ですから満足できるでしょう。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。そのため、オフィシャルな動画配信サービスを選択することで、安全安心なシネマ鑑賞を満喫しましょう。

作品がデジタル配信というかたちで一般に提供が開始されたとき、当然VODにおいても配信がスタートすることが多いです。一方で、便利なVODですがひとつだけ面倒な部分があって、それは利用者にとって鑑賞したいと考えている作品を配信しているサービスを特定する必要があるという問題。「聖の青春」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2ではセーフティな動画リンクを掲載しており、他の類似サイトで見られるマイナスなサイト誘導はしていません。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『聖の青春』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:森義隆(関連作品:『宇宙兄弟』)
脚本:向井康介
撮影:柳島克己
音楽:半野喜弘

★【キャスト(キャラクター)】
松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、柄本時生(荒崎学)、北見敏之(村山伸一)、筒井道隆(橋口陽二)、竹下景子(村山トミ子)、リリー・フランキー(森信雄)

★【インタビュー】
・東出昌大「僕が最初に羽生さんに興味を持ったのは“プロフェッショナル 仕事の流儀”というテレビ番組で、そこからプロ棋士の世界のファンになりました」
・松山ケンイチ「ラブストーリーですよ。恋愛感情とは違うけど、自分の人生に、こういう人が1人でもいればいいと感じさせる」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.58/5.003.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【受賞】
第40回日本アカデミー賞で優秀主演男優賞、優秀助演男優賞にノミネート。

★【感想・批評】

●映画フリー  
小説版愛読者なので細かい部分で小説を再現してる部分もあればそうでない部分もあって複雑。谷川倒すべし、とかマムシのくだりは入れてほしかったかな。あと師匠との関係と子供時代、奨励会に入るところなどはあってもよかったかも。それでも映画らしい魅力にノックアウト。痛みまで伝わる演技に、松山ケンイチはすごいなあと関心しきりでした。2時間にまとめるのは至難の技でしただろうけど、俳優の熱演で支えられて一気に良作化しました。
●BILIBILI  
役者は皆さん良いのですが、とくに松山ケンイチの演技に感動し、羽生との対決シーンも背筋がゾクっとなりました。十数時間も、若くは何日間もただひたすらに集中して、最後まで一手も間違えることを許されない。その圧倒的な集中力を必要とするこの競技はまさに自分との戦い。切ないといえば、古本屋さんの女性店員との交流のシーン。ここ、好きだなぁ。あの店員さんがまた可愛すぎる。人生の後悔がグッと詰まった一作で心に突き刺さります。