疾風ロンド

疾風ロンド

笑撃サスペンス。雪上を阿部寛が滑り降りる

阿部寛主演で人気作家・東野圭吾の同名サスペンス小説を映画化。大学の研究所から違法な生物兵器「K-55」が盗まれ、研究所所長のもとに「人質は全国民。身代金3億円を用意しろ」との大胆な脅迫メールが届く。しがない研究主任の栗林は、盗まれた生物兵器を秘密裏に探すよう命じられ、何の手がかりのない中で捜索を始めるが、そこにまさかの「犯人死亡」の報せが届く。犯人の遺品から、生物兵器の所在のわずかな糸口をつかんだ栗林は、ヒントとして浮かび上がった「日本最大級のスキー場」へと向かうが…。

原題:疾風ロンド / 製作:日本(2016年) / 日本公開日:2016年11月26日 / 上映時間:109分 / 製作会社:東映東京撮影所 / 配給:東映

【無料動画】
https://youtube.com/watch?v=xsEIBUto2QE
(C)2016「疾風ロンド」製作委員会


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

コメディとサスペンスを組わせたような展開が盛沢山の作品はそれだけで楽しいものです。そんなエンターテインメント満載の映画を観たいときは、動画配信サービスを駆使しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているというデータもあるほど、今ではレンタル店でDVDを借りるよりも身近になり、ポピュラーになってきました。今後もバージョンアップによって機能がどんどん増え、便利さが増しているのでさらにユーザーも増加するでしょう。

しかも、初めてのユーザーがさらなるお得な体験ができるように無料お試しキャンペーンにトライできます。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。具体的な危険性としては、極端に悪意のあるかたちで表示される悪質な広告、頻繁に再生が停止したり低画質な動画が映る劣悪な動画提供、さらには個人情報を盗んだり再生機器に負荷をかけるようなユーザーへの直接的な攻撃が考えられます。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

それだけ便利なVODであれば登録してさっそく利用開始したいと思うはず。配信作品数もどんどん増えています。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「疾風ロンド」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。フリムビ2では初期から配信情報が変化しないことはなく、適宜情報は更新していき、最新に近い状況を把握できます。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『疾風ロンド』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:吉田照幸(関連作品:『サラリーマンNEO 劇場版(笑)』)
脚本:ハセベバクシンオー、吉田照幸
撮影:佐光朗
音楽:三澤康広

★【キャスト(キャラクター)】
阿部寛(栗林和幸)、大倉忠義(根津昇平)、大島優子(瀬利千晶)、ムロツヨシ(ワダハルオ)、堀内敬子(折口真奈美)、戸次重幸(葛原克也)、濱田龍臣(栗林秀人)、志尊淳(高野誠也)、野間口徹(フロント係)、麻生祐未(高野由美子)、生瀬勝久(警察官)、望月歩(高野裕紀)、前田旺志郎(川端健太)、久保田紗友(山崎育美)、鼓太郎(牧田)、堀部圭亮(ワタナベカズシゲ)、中村靖日(店員)、田中要次(係員)、菅原大吉(運転手)、でんでん(山野)、柄本明(東郷雅臣)

★【インタビュー】
・阿部寛「スキーをするのは20年ぶり」
・阿部寛「エベレストより野沢温泉のほうが寒かった」

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.03.22/5.003.3/5.0
フリムビ2独自ランキング
B(ベターな良作)

★【感想・批評】

●映画FUN  
スカッとしたいときにオススメ。キャストの演技がハマりすぎててもう。ムロさん好きにはたまらない。内容は、笑えないはずなのにどうしても笑ってしまう。爆笑です。基本は全てにおいてくだらないので、ツッコミ大歓迎。とはいえ2時間ドラマの域は出ないので、原作好きの方には物足りないかも。せっかくの山なのにロケーションを最大に活かした大スペクタクルシーンとかは当然のように皆無。そんな馬鹿どもに付き合ってあげる時間があればぜひ。
●BILIBILI  
阿部寛がフルパワーで暴れ回ってました。スキーシーンは予想以上にカッコいい場面に仕上がっていましたね。阿部扮する薬品メーカーの研究員、仲間が開発した炭疽菌の奪回をめぐって野辺山のスキー場へという、とんでもないストーリー。ストーリーが二転三転し、スピード感もあり、キャストも豪華。間違いなく暇な時間にお菓子でも食べながらダラダラ見る系の映画です。情けない阿部寛をただただ愛でる作品としては定番の平均作ですね。