陰謀のスプレマシー

陰謀のスプレマシー

この世界は陰謀が渦巻いている

巨大組織の陰謀に巻き込まれた元CIA捜査官の戦いを描いたサスペンスアクション。かつてCIA捜査官として活躍していたローガンは、現在は民間警備会社で働きながら愛する娘エイミーと暮らしていた。しかし、ある日突然、会社の存在が社会から抹消されてしまう。さらに自分が暗殺予定者リストに入っていることを知ったローガンは、その原因を突き止めるべく独自に調査を開始する。「ザ・ターゲット 陰謀のスプレマシー」としてDVDリリース。

原題:The Expatriate / 製作:アメリカ・カナダ・ベルギー(2012年) / 日本公開日:2013年1月20日 / 上映時間:101分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

映画「陰謀のスプレマシー」予告編

▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスは面白さ満点。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを利用しましょう。ネット配信ということで利点もたくさん。レンタル店でDVDを借りるよりも簡単なので、動画を視聴したいと思ったときは、まずは店に行くのではなく、ウェブサイトにアクセスして配信を確認するのが良いでしょう。面倒な無駄足をふむ必要性をカットし、時間を有効的に使えます。

しかも、無料お試しキャンペーンというユーザーにとって非常に嬉しい特典が用意されています。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

なお、巷に溢れるイリーガルな動画サイトの利用には要注意。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。リスクのある危ないサイトを使い続けるよりも、適正で健全なサービスを利用ルールの範囲で用いる方が断然お得です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、VODはさまざまな企業が展開しており、さらに配信作品も日々変化しています。新しく配信されるものもあれば、配信が終了するものもあって、流動的です。「陰謀のスプレマシー」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。同様のサイトは他にも存在しますが、フリムビ2では情報の鮮度が高く、対応しているVODの種類がどこよりも多いです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

『陰謀のスプレマシー』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:フィリップ・シュテルツェル
脚本:アラシュ・アメル
撮影:コーリャ・ブラント
音楽:ジェフ・ダナ

★【キャスト】
アーロン・エッカート、オルガ・キュリレンコ、リアナ・リベラト、アレクサンダー・フェーリング、ニール・ネイピア

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
6.1/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
??/5.0???/5.003.1/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●映画フリー
娘を守るためにパパ頑張る!という、もう何百回と見たような映画。それでも見てしまうのが映画バカというものである。愛娘を守るアーロン・エッカートの無敵っぷりが炸裂している。キレキレでカッコいいアクションを見せびらかすかのごとくな展開はお約束ながら良いと思う。しかも、元CIAは優秀なら、その娘も優秀だった。娘も頑張るのでした。娘もお父さんと逃亡中に学習してきてこの親にしてこの子ありな成長を見せるのも良いです。
●映画FUN 
アーロン・エッカートはとりあえず必見。それ以外の語ることはない。無理やり捻りだそうにも限界がある。だってこれってパク…。あ、言わない方がいいのか。これもかれもアクション映画の飽和状態にともなう、困った現状があるのだろうかね。本質的なルールもなく、ただとりあえずドンパチしたりするだけの、バトルシーンもいっぱいで、それで映画になってしまうのは見る人がいるからで、つまり私のせいなのか。ごめんなさい。謝罪します。
●OPENLOAD
「スプレマシー」という明らかにボーンシリーズを思い出すようなタイトルで客を釣ろうとする日本配給の魂胆が見え見えの映画。だったらその露骨な罠にひっかかってやろうじゃないかということで、鑑賞。96時間に似てるけど、あんなにチートな強さはなく、現実的な強さなのもいいです。傷つきながらも娘を必死に守ろうとする姿が素敵。「陰謀のアーロン・エッカート」でもいいくらい、俳優ありきの作品でした。知っていたけど。
●SPACEMOV
いつもと違う感じが新鮮だし、演技も良かった。普通のストーリーではあるけれど。中盤までハラハラしてたのに最後に「え、終わったのか」とこれぞ陰謀じゃないかと疑問渦巻く蹴りの付け方。こうなってしまったら、他にどうすることもできない。CIAはこの作品に限らずなんでもありで、実際も頭が悪いのではと思わせる。きっとCIAのイメージが悪いなら全部映画のせいだ。感動のラストシーンでも私の頭はある程度、凍結してしまっていた。