アルゴ(2012)

アルゴ

アカデミー賞で作品賞を受賞

「バットマン」を演じたベン・アフレックが、監督のほか製作・主演も務め、イランで実際に起こったアメリカ大使館人質事件の救出作戦を描き、批評家から高い評価を得たサスペンスドラマ。1979年11月4日、イラン革命が激化するテヘランで過激派がアメリカ大使館を占拠する。52人が人質になるが、混乱の中、6人のアメリカ人が自力で脱出。カナダ大使の自宅に身を潜める。CIAで人質救出を専門とするトニー・メンデスは、6人を安全に国外へ脱出させるため、大胆不敵な作戦を立案。「アルゴ」という架空のSF映画を企画し、6人をその撮影スタッフに偽装して出国させようとする。

原題:Argo / 製作:アメリカ(2012年) / 日本公開日:2012年10月26日 / 上映時間:120分 / 製作会社:GK Films / 配給:ワーナー・ブラザース / 製作費:4400万ドル / 興行収入:2億3200万ドル

【無料動画】

映画『アルゴ』予告編

(C)2012 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videopass
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
AuVideo
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Videomarket

▼無料動画を見る方法▼

次に何が起こるかわからないハラハラドキドキのサスペンスをたっぷり満喫できるのは映画の醍醐味。そんなスリル満載の映画をフル動画でお得に見るなら、人気も増えている動画配信サービスを利用しましょう。いろいろなサービスがありますが、基本は2パターン。一つは単体作品ごとにレンタルするもので、もうひとつは月額や年額で対象作品が見放題になるもの。どちらも便利ですが、使い勝手が違うので事前にしっかりチェックしておきましょう。

しかも、利用者にはハッピーなことに、無料お試しトライアルコースというお得なメリットがあります。これは最初の登録をしてからあらかじめ決められた特定期間、視聴などサービス上の機能をタダで試せるというもので、目立った大きな制限もデメリットもありません。「無料期間中に退会したらどうなる?」と疑問に思うかもしれませんが、タダのままです。観る作品がなくなったら、退会しても構いません。期間内であれば、そのまま料金の請求はありません。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。インターネットの世界には、ユーザーに不利益を与えるサイトが常に潜んでおり、警戒する必要があります。これはセキュリティソフトだけではなかなか防げるものでもありません。動画が適切に見られない以上に損な状況が発生するのは好ましくありません。あなたにとってベストな選択肢は、確実な安心安全が保障された動画配信サービスを味方にすることです。

今では新作でも比較的早くに配信になる時代。無料視聴もできるならさっそく試してみたいと行動に出たいところです。ところが、問題になるのはたくさん存在するVODのうち、どのサービスで自分の見たい作品が配信されているのかを個別に確認しなければならないということです。「アルゴ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

外国の映画を見るとき、人を大きく分けるのは「字幕」で観るか、「吹き替え」で観るかということです。俳優の生の演技の声をそのまま眺めたいのならば、字幕もいいですが、映像と文字を追いかけるのは大変だったりします。吹き替えとなると、純粋に映像に浸れるのでシンプルですが、吹き替えの声があっているかどうかを気になるなど別の問題が生じます。VODはその字幕と吹替を自由に選択できるものもあるので、見比べるor聴き比べるのも新しい面白さの発見につながるかもしれません。

フリムビ2の「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。レビューサイトの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『アルゴ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品動画をさらに知る▼

★【スタッフ】
監督:ベン・アフレック(関連作品:『ザ・タウン』)
脚本:クリス・テリオ
撮影:ロドリゴ・プリエト
音楽:アレクサンドル・デプラ

★【キャスト(キャラクター)】
ベン・アフレック(トニー・メンデス)、アラン・アーキン(レスター・シーゲル)、ブライアン・クランストン(ジャック・オドネル)、ジョン・グッドマン(ジョン・チェンバース)、ケリー・ビシェ(キャシー・スタッフォード)、カイル・チャンドラー(ハミルトン・ジョーダン)、テイト・ドノヴァン(ボブ・アンダース)、クレア・デュヴァル(コーラ・ライジェク)

★【雑学(トリビア)】
・2007年の雑誌『WIRED』のジョシュア・バーマンによる記事「How the CIA Used a Fake Sci-Fi Flick to Rescue Americans from Tehran」を基に脚本が執筆された。

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.7/1096%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.003.8/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第85回アカデミー賞で作品賞、脚色賞、編集賞を受賞。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸による痛快な映画評論。
町山智浩の映画塾!『アルゴ』<予習編>
町山智浩の映画塾!『アルゴ』<復讐編>

●無料ホームシアター 
ここ数年のアカデミー賞作品賞受賞作の中でもダントツの出来栄えで、緊張感が尋常ではない。冒頭で米国とイランの長きに渡る軋轢について簡潔に述べられてるので本編は理解し易いし、そこまで社会派として重たい感じではないので気楽に見ることができます。まさに「事実は小説より奇なり」という言葉の合う映画で、映画の力が人命を救ったというのは、当然、批評家たちは絶賛するに決まっている。まさに映画賞をドストレートで狙った一作。
●映画FUN  
ベン・アフレックは俳優としては軽いイメージだったんだけど、いつの間に貫禄が出て渋い監督さんとして成長し、イーストウッドの後継者なんて呼ばれるまでに成長した。まあ、その後にキャリアを転落させていったので、どうなるか不明なのだが。ただ、映画作りのセンスはしっかり発揮されており、登場人物が持つスリリングさをどんどん引き出していく腕は確か。フィクションとリアルの織り交ぜ方も上手いし、言うことなしだと思う。
●SPACEMOV 
本作が実話ベースであるからして、必ず助かることを観客は知ってしまっているわけで、ゆえにかなり嘘も混ぜて、話を持っている。さすがにあんな空港での一幕はなかったし、実際は穏便だった。それでもそのアレンジが効果的に映画として効いている。実際にこれを観た人はこれが本当のことだと錯覚してしまうはずだ。まんまと騙されている。エンターテイメントとしての映画の力に見事に翻弄される。それは劇中の作戦と全く同じことなのだ。