ボヴァリー夫人とパン屋

彼女は私を発酵させる

映画『ボヴァリー夫人とパン屋』のフル動画を無料視聴する手段を紹介中! アンテナサイトやランキングサイトなどの詐欺&騙しサイトは無し。
今すぐ『ボヴァリー夫人とパン屋』の動画リンクへ。

フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。製作はフィリップ・カルカソンヌ、マチュー・タロ、シドニー・デュマ、フランシス・ボーフルー。フランス西部ノルマンディーの小さな村で稼業のパン屋を継ぎながら平凡な毎日を送るマルタン。彼の唯一の楽しみは文学。中でも「ボヴァリー夫人」は繰り返し読み続けている彼の愛読書だ。ある日、彼の向かいにイギリス人夫妻、ジェマとチャーリー・ボヴァリーが引っ越してきた。この偶然に驚いたマルタンは、小説のように奔放な現実のボヴァリー夫人=ジェマから目が離せなくなってしまう。夫の目を盗み、若い青年と情事を重ねるジェマの姿に、マルタンは小説と現実を重ねあわせて妄想をふくらませ、思わぬ行動に出るのだった。

原題:Gemma Bovery / 製作:フランス(2014年) / 日本公開日:2015年7月11日 / タイム:99分 / プロダクション:Albertine Productions / 配給:クロックワークス

映画『ボヴァリー夫人とパン屋』予告編

(C)2014 - Albertine Productions - Cine - @ - Gaumont - Cinefrance 1888 - France 2 Cinema - British Film Institute


▼動画リンク▼

※regular

LINK3【U-NEXT
LINK4【Hulu
LINK5【TSUTAYATV
LINK6【Videopass
LINK7【dTV
LINK9【Gyao】

動画配信サービスを試そう!

お試し期間中は様々な作品を無料で視聴可。情報は記事更新時のものです。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▼Gyao(登録必要なし)

▼『ボヴァリー夫人とパン屋』の無料動画は見れる?▼

1. バナー表示を チェック
2. 動画リンクを チェック

絶賛展開中
様々な葛藤や苦悩を抱えながら人間模様を重ねていく作品はじゅうぶん満足できるでしょう。そんなドラマチックな映画をお得に見たいときは、動画配信サービスを使用しましょう。レンタル店でDVDを借りることは今では一般的ではなくなりつつあり、ネット配信がスタンダードになってきました。スマホでもパソコンでも鑑賞できますし、テレビで見たいのならばそれでもOK。サービスの中には登録せずにそのまま視聴できるものもあります。

「無料」で感謝!
しかも、希望のコースがここに。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

ダメなこと!
違法サイトは使ってはいけません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。低品質なサイトでは、せっかくの優れた作品もそのクオリティが半減して、残念な印象になってしまいます。

使うべきはどれ?
GOODな作品からGREATな作品までVODは勢揃い。その充実さは一度味わえばもはや離せないです。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信スタートする新鮮な作品から、終了するものまで実にガラリと変わってしまいます。「ボヴァリー夫人とパン屋」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その悩みについてはこのページで解消する手伝いができます。フリムビ2では作品ごとに視聴可能なVODを一覧化してまとめています。インフォメーションの内容は状況に合わせて更新しています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。アカウント登録や作成をしなくても作品配信状況の確認はサイト内でできるので、事前にしっかりタイトル名で検索すると良いです。

どれで見れるの?
VODで動画視聴する際は再生機器の条件を満たす必要が「ボヴァリー夫人とパン屋」でもあります。テレビの場合は、対応済みのテレビか、専用機器(Chromecastなど)が必要です。パソコンの場合は、Windows・Macでも対応のブラウザ(基本はGoogle Chrome・Internet Explorer・Firefox・Edge)を利用しましょう。ブラウザは重たくなると上手く動作しなくなるものです。不必要なタブを閉じたり、使わない拡張機能は停止しましょう。スマホの場合は、アプリのインストールが最も安定していますが、常に最新の更新を適用しましょう。

情報の充実度はピカイチ
丁寧な配信サイトの紹介をしています。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでも期待がグングン増えていきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。「アンヌ・フォンテーヌ」監督作を調べるも良し。レビューの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

広告ブロックに気をつけて
広告ブロックはトラブルも多いです。AdBlockやGhosteryといった広告強制非表示の拡張機能は一見すると便利ですが、何の問題もないサイトの挙動にも影響を与え、動画視聴や購入を妨害することがたまに報告されています。「ボヴァリー夫人とパン屋」も見れないかも? オカシイと感じたらブラウザのこれら機能を無効化してみましょう。

動画はフルの方がいい
カットされずにフルで見たい人も必見。「ボヴァリー夫人とパン屋」をフル視聴(full)できるという意味では、テレビメディアと比べてもVODの方が優れているのは明らかです。

『ボヴァリー夫人とパン屋』&他作を確かめるには上記のリンクへ

▼『ボヴァリー夫人とパン屋』の作品情報▼

★製作メンバー
監督:アンヌ・フォンテーヌ
脚本:パスカル・ボニツェール、アンヌ・フォンテーヌ
撮影:クリストフ・ボーカルヌ
音楽:ブリュノ・クーレ

★俳優
ファブリス・ルキーニ、ジェマ・アータートン、ジェイソン・フレミング、ニール・シュナイダー、イザベル・カンディエ、メル・レイド、ピップ・トレンス、ケイシー・モッテ・クライン、エディット・スコブ、パスカル・アルビロ、エルザ・ジルベルスタイン

★『ボヴァリー夫人とパン屋』のREVIEW

IMDb RT Mt
6.4 ??% ??
映画.com Yahoo! Fm
3.4 ??? 3.4
フリムビ2推奨度
B(良し)

★『ボヴァリー夫人とパン屋』の反応

●映画の無料動画で夢心地
思っていた以上にコミカルで、ラストのオチも好きです。予想外にいろんなジャンルがミックスされているので、ジャケットの画像だけでは判断できないと思います。ルキーニ演じるパン屋の視点で隣人の不倫の顛末を垣間見るのですが、官能的にはそれほどなりません。でも謎のエロさはありますけどね。パン屋のおじ様が、隣の婦人に脳内でエロい妄想をするという安っぽいアダルトな物語のようですが、そこはおフランス、ちゃっかり洒落てます。
●SPACEMOV  
文学好きで妄想癖のあるどうしようもないパン屋のオジサンがなかなか個性的。ボヴァリー夫人役の女優さんが見事なグラマラスな体で、官能的で見惚れたし、妄想も無理はない。パンという言葉が卑猥に聞こえてくる。好奇心旺盛で懲りないオジサンは、新たな隣人にもまた妄想を巡らせることだろう。ラストの噛み合わない会話と風景が、一層このヘンテコな絡みを面白いものにさせる。でも、創作者にとって妄想は大事だけどね。パンは知らないけど。
●STREAMANGO  
文学マニアのパン屋の老人が、近所に引っ越してきた人妻にボヴァリー夫人を重ねあわせて欲の欲するままに妄想を膨らませる。ということで途中までは多少退屈で高貴な文芸喜劇だったのが、ラスト15分の展開で完全に斜め上から心奪われた。アホすぎる。天才じゃないか。フランス的エロ妄想がユーモアに昇華されている感じがこの上なく楽しい快作なので、観て損はないですよ。人生の皮肉に落とし込んでいるバカバカしさがまた愛らしいのです。