告白(2010)

告白

日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞

2009年本屋大賞を受賞した湊かなえのミステリー小説を、「下妻物語」「嫌われ松子の一生」の中島哲也監督が松たか子主演で映画化したサスペンスドラマ。ある中学校の1年B組の担任を務める女性教師の森口は、愛娘を学校のプールで殺害される。警察は事故死と判断するが、森口は学年末の終業式の日に、犯人はクラスの中にいると生徒たちに告げる。

原題:告白 / 製作:日本(2010年) / 日本公開日:2010年6月5日 / 上映時間:106分 / 製作会社: / 配給:東宝

【無料動画】

映画「告白」の予告編

(C)映画「告白」フィルムパートナーズ


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼Hulu(2週間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD4
Hulu
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼dTV(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD7
dTV
▼auビデオパス(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
AuVideo
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

独自の設定で観客を驚かせるサプライズ満載でショッキングな映画はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな作品をお得に見るなら、動画配信サービスを利用するのが良いです。ネット配信なので他にはないメリットも多数揃っています。レンタル店でDVDを借りるのもいいですが、それだと何かと面倒ですし、古い作品は探すのも大変だったら、品質の悪いディスクもあります。デジタルならそんな心配は一切ご無用で安心です。

「お金がかかるよね…」とためらうことはありません。無料トライアルで一定期間はタダになるので財布に優しいです。これは初回の登録から一定の期間、サービスを無料で利用できるというもので、もちろん作品動画も視聴できます。つまり、限られてはいますが無料動画感覚で楽しめるのです。「冒頭の数分だけしか無料じゃないのでは?」なんていう半信半疑はノープロブレム。ちゃんとフル動画で、最初から最後まで一切のカットのない正真正銘のフルバージョンを配信しています。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。ブラックなサイトは、サーバーが脆弱なので動画を再生しても高頻度で停止し、まともに鑑賞することはできないことが多々あります。中には全然関係のない動画を途中で再生したり、ユーザーに誤クリックやタップを誘導する広告を表示するものもあります。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。でも、少し注意です。「いざ登録してみたけど、自分の視聴したい作品が配信されていなかった!」なんて事態にならないようによく気をつけなければなりません。「告白」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。その問題解決のサポートとしてこのページでは、該当する作品を配信しているVODを整理し、配信中であればバナー画像を表示して視覚的にわかりやすく示すことで一目でわかるようにしています。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

フリムビ2の「これ、使える!」と嬉しくなる機能として、VODごとに配信作品を表示することができます。対応している種類も他にはないバラエティ。紹介している動画サービスは当然全て合法的なサイトです。特定のサービスから一つを選び、「なんか見たいものないかな~」と眺めているだけでもワクワクしてきます。そこから気になる映画をチョイスして、予告動画を見てから視聴を決めるのも良し。レビューサイトの評価得点を参考にするのも良し。感想コメントから期待を膨らますのも良しです。

『告白』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:中島哲也
脚本:中島哲也
撮影:阿藤正一、尾澤篤史

★【キャスト】
松たか子、木村佳乃、岡田将生、西井幸人、藤原薫、橋本愛

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.8/5.0???/5.003.6/5.0
フリムビ2独自ランキング
A(おすすめの名作)

★【受賞】
第34回日本アカデミー賞で作品賞、監督賞、脚本賞を受賞。

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
演出とはこういう事だ!と、盛り上げるために演出はこうするのだ!と言ってるようなお手本のような作品。モノトーンで画面の色は抑えめなのに飛び込んで来る情報は刺激的で激しく色鮮やかだった。原作も読んだし2度目だけど展開力もあって話も面白く俳優の演技力も相まってドキドキしながらラストまで観れた。一つの告白から展開して行く物語に派手な演出と学校生活のリアルな雰囲気が恐怖を倍増させて原作物の映画化の大成功例のように思います。
●映画FUN  
完璧。結論から言うと現代日本映画の傑作と呼ぶに相応しい作品。もともと中島監督の作品は、ごちゃごちゃした感じと派手な音楽、役者のオーバーな演技が重なり、お腹いっぱいになる作品が多かったが、今作は色味を抑え、多用されるスローモーションの映像が心地よいし効果的。一見今までの作品からの引き算を感じさせるようで、実は計算されつくした作品です。原作潰しの作品が多いなかで、原作者も満足な作品に仕上がっていると感じさせられます。
●BILIBILI  
とにかく中島監督の映像センスがヤバすぎる。原作の世界観を崩すことなく、さらにえげつないほど陰湿さをスケールアップさせたヒューマンごっちゃごっちゃホラーセンセーショナル。この監督は陰鬱な映像とどことなくメルヘンな音楽を合わせてポップなグロテスクを混ぜ合わせるのが上手い。このテイストは絶対に一般受けはしないのですが、それでも一作くらいは年間であるべき映画だと思う。今観ても映像は頑張っている感じがするし、凄いことだ。
●VIDEOEYNY  
その後の邦画に影響を与えたスレたサイコパス野郎や表面的なクズ描写のオンパレードは、2010年という時代性も反映していると思う。この頃は学校というもに対する社会の認識がこういう「理解できない」という感情が前にあった。少なくとも大人たちはそう思っていた。悠子先生の虚実が入り交じり、本当か嘘なのか判断できない語りや、小説と同様、殺人事件に関わった登場人物の独白で徐々に話が浮かび上がる形式など、個性も強い一作でした。