サウルの息子

サウルの息子

地獄を見る覚悟はあるか

アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いた戦争ドラマ。1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガリー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが…。

原題:Saul fia(Son of Saul) / 製作:ハンガリー(2015年) / 日本公開日:2016年1月23日 / 上映時間:107分 / 製作会社:ラオコーン・フィルムグループ、ハンガリー国立映画基金 / 配給:モジネット、ファインフィルムズ / 製作費: / 興行収入:572万ドル

【無料動画】

映画『サウルの息子』予告編

© 2015 Laokoon Filmgroup


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼U-NEXT(31日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD3
U-NEXT
▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA
▼ビデオマーケット(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD6
Videomarket
▼Netflix(1か月無料)
▽今すぐ見る ⇒ バナー先のページへ
Netflix

▼無料動画を見る方法▼

人間が犯した負の歴史である戦争の中で懸命に人生を刻んだ人間をストレートに描く作品はそれだけで見ごたえがあります。そんなセンセーショナルな映画をお得に観るなら、動画配信サービスを利用しましょう。アンケート調査によれば6人に1人が使っているという驚きのデータがあるように、今では使っている人が身近にいるのは当たり前。とくにいろいろなジャンルに対応しており、映画自体の興味に関係なく、幅広い趣味嗜好に対応できるのも魅力です。

「登録しても利用料が…」と考える人もいるでしょう。でも、リーズナブルな体験ができる無料お試しで当面は心配なしです。通常であれば登録したその日から当然のようにお金がかかるのですが、この特典によって初回登録から事前に設定された期間の間、タダで好きに使用できるようになります。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

不正な動画サイトは法的にも有用性の観点からも推奨しません。最近ではサイトを利用している間に不正なプログラムを裏で作動させ、ユーザーのパソコンやスマホに負荷をかけるものも確認されています。また、大音量で広告を流すなど、とにかく迷惑しかないサイトも多く、不快な思いをするかもしれません。ブラウザの危険防止機能やアンチウィルスソフトのサポートだけでは防ぎきれないリスクもあるので注意です。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。しかし、何が配信されているかという状態は1日1日で変化していき、新しく配信開始されるものから、終了するものまで実にコロコロ変わってしまいます。「サウルの息子」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そんなときはこのページで視聴可能なVODを確認しましょう。イチイチ確認する手間を大幅に短縮して、最終チェックをするだけでよくなります。配信確認作業の簡略化に役に立つでしょう。他の類似サイトと違って、フリムビ2では情報は適度に更新されていき、最新情報を得やすいのが特徴です。無料動画的体験を適正な手段で試せる唯一の手段です。このチャンスを見過ごすと、次はないかもしれません。興味のあるうちにぜひ。

『サウルの息子』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:ネメシュ・ラースロー
脚本:ネメシュ・ラースロー、クララ・ロワイエ
撮影:エルデーイ・マーチャーシュ
音楽:ザーニ・タマーシュ

★【キャスト】
ルーリグ・ゲーザ、モルナール・レべンテ、ユルス・レチン、トッド・シャルモン、ジョーテール・シャーンドル

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
7.5/1095%89
映画.comYahoo! 映画Filmarks
3.5/5.0???/5.003.7/5.0
フリムビ2独自ランキング
S(必見の傑作)

★【受賞】
第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。第73回ゴールデングローブ賞で最優秀外国語映画賞を受賞。第68回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でグランプリを受賞。

★【感想・批評】
・宇多丸:週刊映画時評 ムービーウォッチメン
 ↑映画を愛するラッパー宇多丸の痛快な映画評論。
・町山智浩:たまむすび
 ↑アメリカ在住の映画評論家町山智浩の映画評論。

●映画フリー  
ゾンダーコマンドというユダヤ人囚人から組織された死体処理班。そんな存在を知らなかった自分を恥じたと同時に、そのあまりに過酷な実態に衝撃で動けなくなった。そんな映画は滅多に出会えないが、この出会いは感謝すべきかもしれない。ゾンダーコマンドは一年以内に殺され、使い捨ての駒だったらしい。あたらめてホロコーストの残忍性を知ったことで、この事件は大げさでもなんでもなく、永遠に語り継ぐべき歴史なんだなと痛感した。
●SPACEMOV  
ユダヤ人が大量虐殺されたことは知っているけど、同じユダヤ人が裏でこういう労働をさせられていたとは。ブラックなんてレベルではない。地獄だ。観ているだけで鬱になるが、当事者はどうだったのだろうか。サウルの行為は「息子」の尊厳のためというより、自らの人間性を保つための必死の自己保護だったような気がする。99.99%の絶望で満ちた空間を狭い画面で再現し、観客さえもその恐怖に飲み込んでいく。これが歴史の闇なのか。