ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ

ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ

最強のポケモンに挑むのは、勇気のある聖剣士

人気シリーズ「ポケットモンスター ベストウイッシュ」の劇場版。サトシとピカチュウらは山沿いを走る列車の中で、幻のポケモン「ケルディオ」が傷つき倒れているのを発見する。そこへケルディオを追ってきた地上最強のドラゴンポケモン「キュレム」が現れ、圧倒的な力でサトシらの前に立ちはだかる。その場はなんとか逃げ切ったものの、キュレムの追撃を受けて危機に陥る一行。しかし、サトシらの友情や勇気がケルディオの秘められた力を解放する。短編「メロエッタのキラキラリサイタル」が同時上映。

原題:劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ / 製作:日本(2012年) / 日本公開日:2012年7月14日 / 上映時間:72分 / 製作会社: / 配給:

【無料動画】

【公式】2012ポケモン映画『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』予告2

(C)Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku (C)Pokemon (C)2012 ピカチュウプロジェクト


▼動画リンク▼

※無料視聴を確認 All Legal VoD Service

RAK2【airw×】
VOD3【U-NEXT
VOD4【Hulu
VOD5【TSUTAYATV
VOD6【Videomarket
VOD7【dTV


[PR] 動画配信サービス:VODを試してみませんか

お試し期間中は様々な作品動画を無料で視聴可能。期間内に解約すればお金はかかりません。以下の紹介動画配信サービスで視聴できる可能性が大。VODリンクから配信をチェック。

▼TSUTAYA TV(30日間無料)
▽今すぐ見る ⇒ VOD5
TSUTAYA

▼無料動画を見る方法▼

長年にわたって人気を保持し続けている作品はそれだけの魅力が世界観やキャラクターに含んでいる証拠です。そんな話題の映画をお得に見るなら、動画配信サービスが良いでしょう。ネット配信ならレンタル店でDVDを借りる場合と異なり、一作ごとに探し歩く手間はありません。一気見するのに最適で、たいていアニメ映画は一挙配信していることもあるので便利です。ストーリーをおさらいしながらこれまでの展開や歴史を振り返ることができます。

しかも、利用者が最も喜ぶキャンペーンとして無料体験を提供しているサービスがほとんどです。極力、お金は節約したい。人間だれしもそう考えるのは自然です。タダより安いものはありません。せっかくの無料お試しが用意されているのなら、それに手を伸ばしてもバチはあたりません。「登録したはいいけど解約できないのでは?」と警戒する人もいるかもしれませんが、安心してください。登録以上に簡単な作業で解約ができ、退会はすぐに完了します。面倒な手続きはゼロです。

違法な動画サイト等にはじゅうぶんに気を付けてください。そもそも、今ではそのような怪しいサイトを利用せずとも、ちゃんとしたサイトが生まれています。鬱陶しい広告もなく、残念過ぎる画質でもなく、危険を巻き起こすような怖い要素もないです。そのようなデメリットともおさらばしましょう。なので、公式の動画配信サービスを活用し、問題性ゼロの状態でクリーンな映画体験を心がけましょう。

「見てみたい作品があるし、これを機会にVODを利用してみようかな」そんな風に思った人もいるはず。ところが、各社サービスの配信ラインナップは全て共通ではありません。個別に異なり、なおかつ日々変動していくのでその動向を追いかけるのは地味に大変です。「ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ」を視聴できるVODはどれなのか気になると思います。そこでこのページではあなたの見たい作品を配信しているVODを作品ごとに整理してまとめています。情報は適宜更新しており、配信中のVODがあればバナーでレコメンドしています。他サイトであれば意味のないランキングorアンテナサイトでユーザーをたらい回しにするものもありますが、フリムビ2は無意味な誘導リンクはゼロです。あなたのまだ利用したことがないVODがある場合は、無料体験を試す絶好のチャンスです。この機会を逃さないようにしましょう。

VODを継続的に利用する際の料金の支払い方ですが、原則的にクレジットカードを登録するのが前提になっています。サービスによってはスマホのキャリア決済を利用することも可能です。また、PayPalといった決済サービスやVプリカといったプリペイド型については、使用できない制限が加えられている場合もあるので注意です。クレジットカードがない人は作成するのが非常に簡単なものもあるのでそれを活用するのがベターです。登録したカードは自由に変更できるので有効なものを常に使いましょう。

家族でVODを利用する際にどうしても心配になるのが「子どもに見せられない作品が表示されたら、どうしよう?」という問題です。しかし、その点は親切機能でカバーできます。ファミリーアカウントを活用すれば、R指定作品(R18・R20)や成人向けコンテンツを表示しないことも可能。また、複数アカウントで同時再生できるので、ひとりはスマートフォンで、もうひとりはノートパソコンで、別のひとりは大型テレビで、同時に別作品を鑑賞もできます。喧嘩もせずに平和に楽しみを分かち合いましょう。

『ポケットモンスター ベストウイッシュ キュレムVS聖剣士 ケルディオ』または関連作品の無料動画を探すには、上記の動画リンク(VOD)をチェック

▼作品をより深く知る▼

★【スタッフ】
監督:湯山邦彦
脚本:園田英樹
音楽:宮崎慎二
主題歌:ローラ

★【キャスト】
松本梨香、大谷育江、宮野真守、悠木碧、中川翔子、福圓美里、ローラ、山寺宏一、安元洋貴、本田貴子、高橋克実

★【評価】

IMDbRotten TomatoesMetacritic
??/10??%??
映画.comYahoo! 映画Filmarks
2.7/5.0???/5.002.5/5.0
フリムビ2独自ランキング
C(ニッチな佳作)

★【感想・批評】

●無料ホームシアター 
ケルディオ中心の展開で、サトシ達の出番は少なく、かなり脇役という感じ。内容も子ども向けに大きく偏っており、そういう意味では子どもは大満足できるでしょうが、ポケモン映画を観てきた大人は不満かもしれません。でもあくまで子どもをメインにターゲットするのは正しいし、ブラックキュレムとホワイトキュレムの暴れっぷりも楽しんでましたから、それで良いのでしょう。あらためてポケモンは子どものための作品なんだと思いました。
●映画フリー
サトシがいる意味はなく幻のポケモンは見た目能力進化と普通でクライマックスはない。普通の大人の尺度でいえば、かなり平凡なドラマです。しかし、これはポケモン映画が1作目でいきなりシリアスすぎるという結果を叩き出したのが問題だったのだと思う。そういう意味では、ファミリー向けに舵をきろうとしているのかもしれないです。メロエッタ短編は、ポケモンの可愛さがギュッと詰まっていて、ワイワイ楽しめる感じでこちらも素敵でした。
●BILIBILI 
9年ぶりとなる短編映画が一緒になった本作。原点回帰なのでしょうか。短編セットの理由で長編の上映時間もかなり短くなり、お話も必然的にシンプルになりました。興行収入が下がってしまったようですが、ポケモンもいろいろ作品シリーズの方向性を模索しているんですね。でも子どもたちはそんなことを気にしてません。そもそも子どもが作品シリーズをずっと見ていることはないのですから。いづれ卒業します。だったらいいのではという気持ちも。
●CRUNCHYROLL
子どもにとってこの一作が全ての印象につながります。その子にとって特別なポケモン映画になっていればいいですね。一人前の聖剣士となるべく、伝説のドラゴンポケモンキュレムに挑むケルディオの話というのは、かなり子ども目線であり、弱い存在である小さな主人公が巨大な存在に挑むのは案外王道です。サトシはむしろ伝説級に強い人間なので、もう主人公になりえないのですよね。これはサトシ降板説も検討しないとダメだなと思ったり。
ポケモン

★【劇場版 ポケットモンスター を総復習!】

  • 第1作『ミュウツーの逆襲』
  • 第2作『幻のポケモン ルギア爆誕』
  • 第3作『結晶塔の帝王 ENTEI』
  • 第4作『セレビィ 時を超えた遭遇』
  • 第5作『水の都の護神 ラティアスとラティオス』
  • 第6作『七夜の願い星 ジラーチ』
  • 第7作『裂空の訪問者 デオキシス』
  • 第8作『ミュウと波導の勇者 ルカリオ』
  • 第9作『ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ』
  • 第10作『ディアルガVSパルキアVSダークライ』
  • 第11作『ギラティナと氷空の花束 シェイミ』
  • 第12作『アルセウス 超克の時空へ』
  • 第13作『幻影の覇者 ゾロアーク』
  • 第14作『ビクティニと黒き英雄 ゼクロム/白き英雄 レシラム』
  • 第15作『キュレムVS聖剣士 ケルディオ』
  • 第16作『神速のゲノセクト ミュウツー覚醒』
  • 第17作『破壊の繭とディアンシー』
  • 第18作『光輪の超魔神 フーパ』
  • 第19作『ボルケニオンと機巧のマギアナ』
  • 第20作『キミにきめた!』
  • 第21作『みんなの物語』

サイトについて

シェアする

フォローする